競売市場修正(けいばいしじょうしゅうせい)とは

競売市場修正(けいばいしじょうしゅうせい)

競売では、不動産鑑定士による価格査定が行われます。その価格に対して、競売物件特有のマイナス要因(内覧が出来ない、引渡しに裁判所手続きを要する、売主が協力的でない等)を加味して価格の調整を行います。この価格調整を競売市場修正と言います。
任意売却の場合、内覧が可能で、引渡しに伴う登記は司法書士が行い、売主(ご相談者さま)の協力を得て行います。そのため、競売市場修正を行う必要がありません。任意売却での売却価格は競売よりも高くなる可能性があるのは、この競売市場修正の必要が無いことも大きな要因の一つです。

関連語句

  • 競売
  • か行の任意売却用語

    か行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧