元金均等(がんきんきんとう)とは

元金均等(がんきんきんとう)

借金の返済方法の一つで、月々の元金の返済額が一定になる。ビジネスローンやアパートローンでの利用が多いです。
当初は月々の返済額が多いが、返済が進むにつれて月々の返済額が少なくなるのが特徴です。
元金が均一に減っていくため、元利均等返済と比較して返済総額の合計は少なくなります。

関連語句

  • 元利均等
  • か行の任意売却用語

    か行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧