任意売却相談の全任協ブログ

任意売却の無料相談・任意売却後のサポート~新居探し/転職活動/心のケア~ 任意売却相談の全任協ブログ

親の家を買う。住宅ローンは組めるの?

2017年06月01日 公開

c382dfe6c59271e6a0bb7dc325b86125_s

親の家を買いたい、というご相談をいただきます。買いたい理由としては、親の病気、事業低迷、退職などで住宅ローンが払えなくなったという理由、または今後のことを考え売買をしたいという理由もあります。親の家は買うことは可能なのでしょうか。結論から言いますと、購入は可能です。ですが、普通に不動産会社で売られている家を買うのとは少し勝手が違ってくるのです。

親から家を買うことを「親子間売買」と呼びます。親子間売買とは、その名の通り子間で不動産(主に自宅)を売買することです。協会では、住宅ローンが払えない方のご相談を受け付けていますが、その際に自宅に住み続ける手段として親子間売買をして、自宅に引き続き住み続けたいとご希望される方が多くいらっしゃいます。そのため、これまで親子間売買ご希望のご相談をを多く解決してきました。ご相談事例の一部はホームページに掲載しています。

親子間売買の任意売却解決事例

その他の解決事例

親の家を買う時、住宅ローンは組めるの?

親子間売買のほとんどの場合が現金での購入ではなく、購入する子供が新たに住宅ローンを組む必要がでてきます。しかし、ほとんどの金融機関は、親子間での売買や兄弟姉妹間の売買に対して融資をしません。これは、悪用しようとすれば、融資したお金が別のことに使われる可能性があり、また、不当に安く(高く)売買されてしまう可能性もあるためです。協会へご相談をいただいた際は、専門スタッフがその可能性を探り、新たに住宅ローンを組む金融機関と入念に打合せした上で進めていきます。親子間売買に慣れていない不動産会社などや、ご自身で金融機関と相談されることは、成功の確率を下げることになりますので十分ご注意ください。

最近ではインターネット等で調べ、親子間売買を知ってご自分で、銀行や信用金庫に申し込まれてる方がいるようですが、ほぼ100%の確率で断られてしまいます。難易度の高い売買の方法ですので、一般の方がネット知識ぐらいで成就するほど、簡単で安易な取引ではありません。それどころか、一度でも申込を断られますと、断られた履歴が個人情報として半年間残ってしまうので、任意売却を取り扱っている金融機関に申込んでも、その履歴によって否決されてしまいます事が多々あります。もし、親子間売買に代表される親族での売買をお考えの方は、自分で金融機関に相談したり、融資の申込をする事は止めて、協会のような専門機関にご相談ください。

お力になれると思いますので、フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡ください。一部ご相談が難しい地域もありますが、全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。メールによるご相談は24時間受け付けています。お電話が難しい場合は無料相談フォームにてお気軽にご相談下さい。内容に関しては秘密厳守いたします。

関連コンテンツ

  • 親子間売買・親族間売買と住宅ローン
  • 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会のブログの最新記事