期限の利益喪失(きげんのりえきそうしつ)とは

期限の利益喪失(きげんのりえきそうしつ)

借入を行う際、その借入の返済は予め決められた期日に決められた金額を支払う、という約束をしています。(例:3,000万円を35年間で分割して毎月末に71,428円に金利負担を加えた金額を支払う) あらかじめ約束した期限ごとに約束の金額を債権者(お金を借りた金融機関等)に支払えば、残りの借入金はまだ返さなくてもよい、という債務者の利益、これを「期限の利益」と言います。しかし、ローンの滞納が続くと「決められた期日に決められた金額を支払う」という契約を違反することになり、住宅ローン等を借りている債務者はこの「期限の利益」を失うこととなります。これを「期限の利益喪失」といいます。 「期限の利益」が無くなってしまうと、残っている債務(借金)の一括返済を要求されます。 一括返済ができない場合、債権者(金融機関等)は競売申立てを行うことになります。

関連コンテンツ

  • 期限の利益喪失通知書が届いたら
  • 期限の利益喪失から任意売却で解決した事例~競売へのカウントダウン。ご相談はお急ぎください

    解決事例

    関連ブログ

    全任協のブログ

    か行の任意売却用語

    か行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧