元利均等(がんりきんとう)とは

元利均等(がんりきんとう)

借金の返済方法の一つで、月々の返済額が一定になる。資金計画が立てやすいため、
住宅ローンに代表される個人での借入の多くは元利均等返済となっています。
当初は金利の返済割合が高く、元金が減りにくいため返済総額の合計は元金均等返済と比較して多くなります。

関連語句

  • 元金均等
  • 住宅ローン
  • か行の任意売却用語

    か行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧