強制競売(きょうせいけいばい)とは

強制競売(きょうせいけいばい)

不動産を強制的に競売にかける強制執行の一種で債務者(多くは税金滞納者)の財産(不動産や自動車)を国が裁判所を通じて強制的に売却し、その売却代金を債権者(国、都道府県や市町村など)に対して支払うことです。
強制競売の事件番号は平成〇〇年(ヌ)第〇〇〇号という形になり、抵当権を実行して行われる不動産の競売(金融機関等が住宅ローン等の担保として抵当権を設定している不動産を競売する場合)は平成〇〇年(ケ)第〇〇〇号と表記されます。

関連語句

  • 債務者
  • 担保
  • 住宅ローン
  • 抵当権
  • 関連ページ

  • 競売回避~競売の取り下げについて
  • か行の任意売却用語

    か行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧