「任意売却取扱主任者」の資格制度

「任意売却取扱主任者」の資格制度

制度の意義・目的

リーマンショック以降、中小企業金融円滑化法などの制度により、一時的に不動産競売や企業倒産は減少しました。しかし、平成25年3月に同法が終了、今後は住宅ローンや企業借入の滞納問題が深刻化することが懸念されています。競売による強制的な売却ではなく、債権者との協議を行った上で通常の不動産取引に近い形で売却する『任意売却』に対するニーズは増加していくことが予想されます。

任意売却は弁護士、司法書士、不動産会社が相談窓口となっているケースがほとんどです。しかし、任意売却には民事再生法や税法などの法律知識だけでなく、宅地建物取引業法や任意売却特有のノウハウが必要です。
しかし、これらの法律知識と不動産取引のノウハウを併せ持つ総合的な窓口は少なく、一般消費者にとってどこに相談をしたら良いかの判断がしづらい状況です。そのため、残念ながら不透明な任意売却取引も行われており、「任意売却専門」を謳う不動産会社などによる被害が当協会にも数多く報告されています。

試験の様子

「任意売却取扱主任者」の試験は、任意売却を行うために必要な知識やノウハウを有していることを証明するもので、一般消費者にとって分かりやすい判断基準となるものです。
また、「任意売却取扱主任者」の資格登録をするためには、6時間に及ぶ指定講習の受講が必要となります。試験だけではなく、指定講習を通じて実践的な任意売却のノウハウを身に着けることで、健全な任意売却取引の認知拡大・利用普及を目指しています。

2013年に第1回試験を行ってから、毎年多くの合格者が新しい知識と資格を得て活躍されています。

目次へ戻る▲

2019年度「任意売却取扱主任者」試験概要

出願期間

2019年9月2日(月) 13:00 ~ 2020年1月31日(金)24:00
※郵送の場合は2020年1月31日当日までの消印が有効です。

受験資格

以下の方は受験することができませんので、予めご了承ください。

・成年被後見人又は、被保佐人
・禁錮以上の刑に処され、刑の執行が完了又は、刑の執行が受けることがなくなった日から5年を経過していない方
・宅地建物取引業の規定により宅地建物取引士としてすべき事務を禁止され、その禁止期間満了の日から5年を経過していない方

宅建士、FP等の資格要件は撤廃いたしました。
受験に際して、特定の資格や特定業種での勤務実績等は必要ありません。

試験日時

2020年2月19日(水)
13:00~15:00 
※12:45より試験に関する説明を行いますので、それまでにご着席頂ますようお願いいたします。

試験会場

北海道(札幌市)・東京(新宿区)・大阪(大阪市)・福岡(博多区)の全国4会場で開催します。
詳細な会場所在地は受験票にてご案内いたします。

出題内容

「任意売却取扱主任者」の資格試験は2時間、40問4肢択一(各2点)と、2問の記述問題(各10点)で合計点数100点で採点されます。

出題される問題の内容は以下のとおりです。

  • ・宅地建物取引業法、都市計画法、建築基準法、民事訴訟法、民事執行法、税法、民法、弁護士法などの法律問題
  • ・任意売却取引に必要な手続き等の商慣行や実務に関する問題

合格点

総点数の60%以上、かつ択一問題・記述問題のそれぞれ50%以上を基準とします。
合格基準点は難易度を考慮して調整されることがあります。

受験料

受験料16,500円(税込)
銀行振込み、クレジットカード決済のいずれかでお支払い頂けます。

※受験料の領収書は後日郵送させて頂きます。

【受験料の振込先についての注意点】
『申込者のお名前』と『振込み名義』が異なる場合(会社名義など)は、振込み名義を必ずご連絡下さい。

【キャンセルについての注意点】
お申込みいただいた後の自己都合によるキャンセルにつきましては、受験料の返金はできかねます。予めご了承ください。

受験票について

受験を申し込みいただいた方には受験票をお届けいたします。
試験当日にご持参頂く必要がございますので、大切に保管をお願いいたします。

【受験票の発送時期】
試験日の約2週間前より順次発送させて頂きます。

試験当日の持ち物

筆記用具と受験票をご持参ください。また、本人確認をさせて頂く場合もありますので、受験者本人であることが分かる身分証明書も合わせてご持参ください。

合格発表について

2020年3月17日(火) 13:00より合格者の発表を当協会ホームページ上で行います。
発表方法は合格者の受験番号を公表する形で行いますので、受験番号は必ず記録しておいてください(受験番号を忘れてしまったという方は当協会事務局までお問合せください)。

資格を登録するためには、合格後に指定講習を受講する必要があります。

試験概要について

以下のリンクからPDF版の試験概要をご覧いただけます。

目次へ戻る▲

「任意売却取扱主任者」指定講習・資格登録について

指定講習と資格登録

任意売却取扱主任者として活動するには、『資格登録』が必要です。

資格登録を行うには、筆記試験に合格された方のみ受講できる『指定講習』を受講する必要があります。
指定講習の受講の参加費はお一人あたり55,000円(税込)です。

指定講習を受講後、「修了証書」と「任意売却取扱主任者認定証」を発行します。
資格登録をされない場合、認定証等の発行はいたしかねますので予めご了承ください。

指定講習は2020年5月~6月に開催予定です。
詳細な日時・会場は、試験終了後に合格者された皆様へご案内いたします。
※教材として試験の公式テキストを使用しますので、受験後も大切に保管して下さい。

指定講習は1年に1度の頻度で行われています。
合格してから5年間は指定講習受講資格がありますので、本年度指定講習へのご参加が難しい場合は、次年度以降の指定講習にご参加ください。

指定講習に関しても宅建士、FP等の資格要件は撤廃いたしました。
受験に際して、特定の資格や特定業種での勤務実績等は必要ありません。

指定講習の概要と注意点

指定講習は全部で6時間あり、その全てを受講しないと「任意売却取扱主任者」の資格登録はできません。
そのため、講習途中での退室はご遠慮いただいております(講習中は1時間につき10分程度のトイレ休憩、1時間のランチ休憩があります)。
また、資格登録は任意ですが、資格登録の権利は試験合格日から5年間に限りますので有効期限にご注意ください。

指定講習にお申込みいただいた後の自己都合によるキャンセルにつきましては、受講料の返金はできかねます。予めご了承ください。

目次へ戻る▲

資格試験の教材(公式テキスト・過去問集)について

試験用学習教材

試験問題の大部分は公式テキストより出題されます。
公式テキストは、1冊 4,400円(税込/送料別)で販売しています。
より深く学習していただくため、過去問集(3,300円[税込/送料別])もご活用ください。

詳細は以下ページにてご案内しています。

下のリンクよりお進みください。
「任意売却取扱主任者」資格試験のテキスト(教材)について

目次へ戻る▲

「任意売却取扱主任者」資格試験 受験の申込み

受験をご希望の方は下記のリンクより、お申込みページへお進みください。

受験申込はこちら

このページの先頭へ▲