第三債務者(だいさんさいむしゃ)とは

第三債務者(だいさんさいむしゃ)

債権関係の債務者に対して更に債務を負う者を言います。
例えば、債務者が金融機関から資金を借入して賃貸マンションを建てたとします。債務者は入居者から家賃を回収して、それを借入金の返済に充当するのが一般的です。
しかし、債務者の都合でお金が必要になり、入居者からの家賃を返済に充当せずに自己のために使ってしまっている場合、債権者である金融機関への返済が滞ります。このような場合、債務者に対して債務(家賃)がある入居者を第三債務者として家賃を差押えることが出来ます。このように債権者の立場から債務者に対して債務がある者を第三債務者と言います。

関連語句

  • 債務
  • た行の任意売却用語

    た行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧