DDS(でぃーでぃーえす)とは

DDS(でぃーでぃーえす)

DDSとは「Debt Debt Swap」という金融用語の略で、金融機関等が債権(借金)を「劣後ローン」というものに切り替えることを言います。「劣後ローン」に切り替えると、金融機関はその債権を資本としてみることができるため、貸借対照表(B/S)の改善に繋がります。主に経営危機に面している中小企業の再生方法として用いることが多く、債務超過状態の解消や、信用力の改善が期待できます。
同じような仕組みにDES(Debt Equity Swap)がありますが、債権を株式に転換する救済策のため、金融機関が中小企業に対して実現するのは難しいです。

た行の任意売却用語

た行トップ

用語辞典トップページ

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧