任意売却後の残債(残ったローン)はどうなる?

任意売却後の残債(残ったローン)はどうなる?

任意売却をすれば、借金が0(ゼロ)になる?!

残債(ざんさい)とは、債務(借金)の残高のことで残債務ともいいます。任意売却後に残ったローンの返済はどうなるのでしょうか。任意売却をすれば借金が無くなると勘違いされている方もいますが、借金がゼロとなるわではありません。任意売却を行う場合、債務(借金)が不動産を売却して返済をしても一部が残債として残ってしまいます。もちろんですが、この残債は任意売却を行ったその後も、返済していかなければいけません。

任意売却後の返済額の交渉

生活状況表

しかし、任意売却に至るまでに住宅ローンを滞納していたのに、任意売却を行ったからといって返済ができるようになる事はありません。債権者もそのことを承知しており、任意売却後はご相談者様が無理のない範囲で返済を進める交渉を行うことができます。任意売却の処理過程で提出する、月々の収支を記載する「生活状況表」をもとに、今までよりも軽い負担で済むように毎月の残債返済額を決定します。任意売却後の残債は、一般的に月額5,000円~30,000円程度の返済となってます。

栃木県鹿沼市 H様の例

任意売却前

住宅ローン残債
住宅金融支援機構 12,000,000円
足利信用保証 2,280,000円
年金福祉信用保証 7,320,000円
住信保証 3,400,000円
合 計 25,000,000円
月々の収支
収入 260,000円
月額返済 200,000円
ボーナス返済 300,000円

月々の返済が不可能に…

↓ 任意売却後の結果

住宅ローン残債
売却価格 8,000,000円
任意売却後の残債 17,000,000円
(諸経費未計上)
月々の収支
収入 260,000円
家賃 65,000円
月額返済 5,000円
ボーナス時返済 なし

上記の事例のように任意売却後は、債権者との話し合いにより、毎月の返済額を実際に支払える金額にしてもらえる可能性があります。
当協会にご相談いただく方の中には、収入が無く月々の返済だけでなく生活もできないという方もいらっしゃいます。その場合、任意売却後は生活保護を申請されたり、自己破産を選ばれる方も多くいらっしゃいます。

当協会では任意売却後のサポートを行いその後の再スタートをお手伝いしています。生活保護の申請補助、転職活動や職業訓練のサポート、心のケアとしてグループカウンセリングなどを無料で行っております。

ご自分のケースがどうなるのか、詳しくお知りになりたい方は、電話無料相談(0120-963-281)、無料メール相談 をご利用ください。専門の相談員が詳しくお答えします。

関連コンテンツ

離婚時の残債はどうなる?

残債の説明をしてきましたが、離婚時に残債をその後どういう風に払っていくかというのは複雑な問題になってきます。離婚後も奥さんと子供が住み続けて旦那様がローンを支払う、などという解決案はよく選択されますが、その時はそれが良い解決策に見えても、住宅ローンの支払いは10年後20年後まで続く場合が多いです。10年も経つとお互いの生活や価値観、仕事も変わります。新しいパートナーと出会っている場合もあります。そうなると奥様から「夫が住宅ローンを払ってくれない」または逆に旦那様から「住宅ローンが払えない」というご相談をいただくこととなります。このように離婚時にお2人の間だけで決めた取り決めは、その後の大きな不安材料となってしまうことがあるのです。

当協会には残債務の分割返済交渉に関する豊富な経験とノウハウがあります。離婚前の方が問題が少なく進む場合は多いですので、離婚を悩まれている場合はまずはご相談ください。離婚後に今まさに払ってもらえなくて困っている、などの場合ももちろんご相談可能です。

関連コンテンツ

このページの先頭へ▲

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み

このページの先頭へ▲

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧