オーバーローン(おーばーろーん)とは

オーバーローン

オーバーローンとは、借入額が担保価値を上回る債務超過状態のローンのことを一般的に指します。住宅ローンの場合、住宅ローンの残高が自宅の市場価値を上回ってしまっている状態(自宅を売却しても借金が残ってしまう場合)。事業ローンの場合、借入金が多く、会社を清算しても借入が残ってしまう状態のことです。 また、不動産等を購入するために新規に借入をする際、その不動産価格以上のローンを組む場合も、オーバーローンと言います。 オーバーローンの場合、債権者(お金を貸している金融機関等)の同意なしに不動産等の売却や会社清算はできません。その場合、債権者との同意を基に任意売却を行う必要があります。

関連語句

  • 債権者
  • 担保
  • 住宅ローン
  • 任意売却
  • 関連解決事例

    解決事例

    関連ブログ

    全任協のブログ

    あ行の任意売却用語

    あ行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧