親子間売買(おやこかんばいばい)とは

親子間売買(おやこかんばいばい)

親子間売買とは、その名の通り、親子間で不動産(主に自宅)を売買することです。親子間売買後に、売却前の所有者が不動産を使用し続けることを、セール&リースバックとも言います。最大のメリットは、任意売却後も自宅や本社、工場を使用し続けられるというものです。 住宅ローンを利用した親子間売買はお金の動きが不透明なため取扱いをしていない金融機関が多く、ノンバンクからの借入等が必要となります。

関連語句

  • リースバック(りーすばっく)
  • 任意売却
  • 関連コンテンツ

  • 親子間売買、親族間売買とは?自宅に住み続けるには?
  • 関連解決事例~親子間売買の解決事例が多数あります。ご相談ください。

    親子間売買の解決事例

    関連ブログ

    全任協のブログ

    あ行の任意売却用語

    あ行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧