明渡猶予制度(あけわたしゆうよせいど)とは

明渡猶予制度

不動産が競売となり、競落され所有権の移転が行われた場合、不動産を取得した新しい所有者は、裁判所に引渡命令という申立てができます。この引渡命令が出ると、競売不動産に居住する人は直ちに退去しなければならない、というものです。明渡猶予制度とは、引渡命令が出された場合でも、競落後6ヶ月間に限り、競売不動産に入居している賃貸人(賃貸借契約を締結し家賃の支払いをしている入居者)は、退去しなくても良いとする制度です。しかし、6か月後には原則退去する必要があります。

関連語句

  • 競売
  • 競落
  • 引渡命令
  • 関連コンテンツ

  • 競売回避~競売の取り下げについて
  • あ行の任意売却用語

    あ行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧