一般媒介(いっぱんばいかい)とは

一般媒介

不動産を取引する際に結ぶ媒介(仲介)契約の一つ。
一般媒介契約は複数の不動産会社と自由に、不動産の売却・購入に関する媒介契約を結ぶことができます。専任媒介や専属専任媒介と違い、指定流通機構(不動産会社間で情報交換をする専門サイト)への登録や、依頼者への報告義務はありません。時間がかかってもなるべく高く売却したい、手間がかかっても良いという場合に適した契約です。任意売却の場合、債権者との調整を一本化する必要があるため、不動産会社1社のみが取引を担当する専属専任媒介契約を結ぶ必要があります。

関連語句

  • 専任媒介
  • 専属専任媒介契約
  • 関連コンテンツ

  • 任意売却の進め方と必要な書類
  • あ行の任意売却用語

    あ行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧