任意売却(にんいばいきゃく)とは

任意売却(にんいばいきゃく)

不動産取引の一種で、不動産を売却しても債務(借金)が残ってしまう場合に、不動産の売却価格以上の返済をせずに、抵当権の抹消(お金を貸した金融機関等がその不動産に対して有する権利を外すこと)が行える売却方法です。
住宅ローンや不動産を担保にしたビジネスローン等で支払いが困難になった場合に行うことが多い。融資を受けている人(債務者)と融資を行っている金融機関(債権者)との合意に基づいて行う必要があるため、弁護士や不動産会社が中心となり調整を行うことが多いです。

関連コンテンツ

  • 任意売却(任売)について
  • 任意売却の流れ(ご相談~解決まで)
  • 任意売却と競売の違い
  • 任意売却にかかる費用
  • 任意売却を成功させるための『相談先の選び方』
  • な行の任意売却用語

    な行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧