[住宅ローン返済相談] 定年退職後年金と貯蓄を切り崩して返済している

定年後も住宅ローンが残り、年金と貯蓄で返済している

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)を含む多くの金融機関では、住宅ローンの最高完済年齢は80歳に設定されています。そのため、45歳で自宅を購入する場合、フラット35のような35年ローンを組むと、60歳の定年後も20年間、住宅ローンの返済を続けなければいけません。または、住宅ローンの返済条件を変更の際、返済期間を長くすることで月々の返済額を抑えることもあり、その場合は完済年齢がさらに上がってしまい、「完済が100歳の時」というケースもあります。

定年後にも住宅ローンの残債があるのは、住宅ローンを組む際に繰上返済をするか退職金で完済することを想定していた、というご相談者さまがほとんどです。しかし、収入が増えず思うように繰上返済できなかった方や、退職金が想定よりも少なかったという方からのご相談が増えています。

年金だけで住宅ローンの支払いを続けることは非常に難しく、リスケジュール(条件変更)での対応も限界があります。そのため、当協会にご相談いただく多くの方は、自宅を任意売却し、その後は自己破産されています。自己破産するとほとんどの財産は無くなりますが、年金受給の資格は無くなりません。住宅ローンの返済が無ければ年金だけでも十分生活できるケースがほとんどです。無理な返済を続けるよりも、早めに当協会にご相談ください。

 

住宅ローンは退職金で完済する予定だったが、想定より少なく残債を毎月支払うことに

相談内容:
38歳の時に自宅購入を考えていたが、住宅ローンの返済が68歳まで続くため30年ローンを組むのは不安で迷っていた。結局、不動産会社と銀行の担当者が「退職金で完済できる」と説得され購入。その後、勤めていた会社の業績が悪化してしまい、昨年60歳で退職したが、退職金は住宅ローンを組んだ時に聞いていた額の半分程度しかもらえなかった。そのため、住宅ローンは完済できず、まだ残債返済が8年も残っている。少しずつ医療費も増えてきて、このまま住宅ローンの支払いが続けられるのか不安だ。
協会のアドバイス:
ご相談者さまのように退職後の住宅ローン返済を年金や貯金で行っている方は注意が必要です。今後は医療費が増加し、年金支給額は下落傾向になる可能性が高いため、収入が減り、支出が増えることが考えられるためです。貯金や年金を投資で増やせれば良いのですが、老後の資金をハイリスクハイリターンの投資で運用するのはおススメできます。
そのため、十分な貯金がある方は住宅ローンを現金で返済してしまう。自宅を売却すれば手元に現金が残るという方は通常の不動産売買を行いお子様宅や賃貸住宅に引っ越す。自宅を売却しても住宅ローンが残ってしまうという方は任意売却を行い、お子様宅や賃貸住宅に引っ越すことが抜本的な解決策となります。
ご自宅を売却する場合には、なるべく早くご自宅を売却することをご提案させていただいています。住宅ローン返済のために貯金を使い切ってしまった後で売却されるよりも、最終的な利息支払い額が減らせるためです(住宅ローンの返済額には、元金の他、金利もかかっています)
ご自宅を売却した方が良いのか、また通常の売買になるのか任意売却になるかをご判断するには、ご自宅の査定が必要となります。当協会ではご自宅の無料査定を行っております。査定価格、ご自宅のエリア、ご自宅の規模等により売却する方が良いのか、また売却の時期はいつが良いのかが決まってきます。まずは、無料査定を含めてご相談ください。
また、ご自宅を売却した後の残債については、月々の返済額を債権者と交渉し、毎月無理のない範囲での返済を行うことが可能です。もちろん、任意売却後に自己破産を申請することも可能です。自己破産をしても年金は変わらず受給することができるため、年金で十分生活ができるという方は今すぐにでもご連絡ください。

定年後の住宅ローン問題の解決事例

解決事例一覧

関連ブログ

任意売却相談の全任協ブログ

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧