突然の倒産/リストラで住宅ローンが払えない

突然の倒産/リストラで住宅ローンが払えない

長引く景気低迷の影響で多くの企業でリストラが行われています。また、企業が倒産してしまい、倒産による突然の解雇も多くなっています。再就職をしようにも、中高年や定年後の高齢者雇用は厳しい状況が続いています。また、転職できたとしても、転職前の同程度のお給料がもらえるケースは稀です。

ご相談者さまも、金融機関も、住宅ローンを組む時は勤務先の給料をベースに計算します。このような突然のリストラや倒産が起きた場合はその前提が崩れてしまい、住宅ローンの返済に苦慮するという方が多くいらっしゃいます。平成25年3月末までは中小企業金融円滑化法の影響で、リストラや倒産による解雇の場合、金融機関等による返済条件の見直しが可能でした。しかし、中小企業金融円滑化法が終了し、新たに返済条件を見直すというのは難しくなってきています

返済がほとんど終わっている、または貯金が十分にあり住宅ローンが完済できるという場合以外は、返済負担を軽くしない限り住宅ローン破綻は時間の問題となってしまいます。そのため、当協会にご相談いただくほとんどの方が、自宅を売却し、月々の負担が少ない賃貸住宅への住み替えを行っています。

会社が倒産、新たな仕事も見つからず住宅ローンが払えない

ご相談内容:
20年間勤めていた会社が急に倒産してしまった。最後の給与は支払われず、もちろん退職金も出なかった。やっとの思いで見つけた仕事は給料が以前の半分。とてもじゃないけど住宅ローンを最後まで払えない。
協会のアドバイス:
このままでは苦労して貯めた貯金が取り崩されていき、貯金が底をついた時点で住宅ローン滞納→競売となってしまうことが予想されます。そのためには、収入が減ってしまった分、月々の住宅コストも減らすことが必要です。

具体的にはご自宅を売却し、住宅ローンの支払いよりも家賃が低い賃貸住宅への住み替えが必要です。ローンを完済しても手元にある程度の現金が残るようであれば、それを頭金にして自宅を買い替えることも可能です。

リストラされ再就職も厳しいが、まだ住宅ローンが残っている

ご相談内容:
勤めてきた会社の業績が悪化。50代の中間管理職だった私は真っ先にリストラ対象に…。転職活動をしてみたが50代の自分に条件の良い求人は見当たらない。失業保険で今は何とかなっているが、それが切れたら生活できない。住宅ローンの支払いも滞ってしまうだろう。どうしたら良いか分からない。
協会のアドバイス:
失業保険がまだ続いているうちに次の手を打つ事が大切です。就職先が見つからない場合、就職カウンセリングや職業訓練、転職サービスを利用することで、新たな分野・業種での就職も検討できるようになります。当協会では外部機関と連携し、職業安定所への登録補助、就職カウンセリングや職業訓練制度のご紹介などを行っておりますので、そちらの活用もご検討ください。。 また、転職活動をしながら、ご自宅売却に関する準備も同時にされることも大事です。転職後に想定される年収と比較して、住宅ローンの返済負担が重過ぎる場合、ご自宅を売却して、月々の負担が少ない賃貸住宅に住替える必要が出てくる可能性があるためです。そういう状況になってしまってからではなく、準備の第一段階として、ご自宅の価格査定を行い、ご自宅を売却することで住宅ローンを完済できるか、まず当協会にご相談ください。

リストラ/失業の場合の任意売却解決事例

その他の解決事例一覧

関連ブログ

その他の全任協のブログ

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧