法定納付期限(ほうていのうふきげん)とは

法定納付期限(ほうていのうふきげん)

税金を納付する時の納付期限を指します。地方税で納期を分けている納付書はそれぞれ納付時期を納付期限と表記してありますが、第1期分の納期限を法定納期限と言います。国民健康保険料でなく保険税ですので、やはり第1期分の納期限を法定納期限となります。例えば、抵当権設定日が平成27年6月30日とし、健康保険税の納付期限が第1期平成27年3月2日、第2期平成27年7月1日の場合、その期全ての健康保険税が抵当権に先行します。





関連記事

  • 任意売却とは?プロがわかりやすく解説!
  • リースバックと任意売却で自宅に住み続ける
  • 競売を回避、取り下げる方法は?わかりやすく解説
  • 親子間売買とは?メリット、デメリットと贈与税がかかる場合を解説
  • 任意売却と競売の違いをわかりやすく解説
  • 任意売却後、残ったローンはどうなる?減額された例も紹介
  • は行の任意売却用語

    は行トップ

    用語辞典トップページ

    無料相談 予約はこちら