共有名義の住宅ローン、離婚した場合どうする?

離婚をした場合、住宅ローンの名義変更はできるの?

最近は共働きをしている家庭も多く、夫婦共同名義での住宅ローンが増えています。夫・妻がそれぞれ住宅ローンを組むこともありますし、収入を合算して1本の住宅ローンを組む場合もあります。どちらの場合でも、金融機関は二人の収入を合わせた支払能力を見てお金を貸しています。そのため、離婚したとしても、住宅ローンを一つの名義にすることは原則できません。 ただ、住宅ローンが完済されていない場合でも、住宅ローンの名義変更は一般的には可能といわれています。しかし、名義変更する際には金融機関で改めて住宅ローンの審査が必要になります。このページでは、名義変更のよくあるパターンをご説明します。

住宅ローンの組み換えを行う単独名義にする方法

夫婦二人ので住宅ローンを組んでいる場合、自宅も住宅ローンも共有名義となっています。これをどちらか一方だけの住宅ローンに変更するには、名義人となる一方の収入が住宅ローンを借り入れた時に比べて大幅に増加している必要があります。今までは二人の収入で補っていた住宅ローンの返済を一人でも可能となることが前提となるためです。

住宅ローンを繰り上げ返済して単独名義にする方法

多額の繰り上げ返済を行って住宅ローンの残高が少なくなれば、その分毎月の返済額を減らすことができます。夫婦二人の住宅ローンが同じ比率であれば、残債務の半分を返済することで住宅ローンの名義をどちらか一方にだけすることができる可能性があります。ただ、多額の現金が必要となるため、預貯金が多い場合や、親からお金を借りられる方だけが利用できる方法です。

他の人に住宅ローン名義を変更する方法

ご兄弟やご両親に住宅ローンの返済をお願いするケースです。あまり一般的な方法ではありませんが、住宅ローンの繰り上げ返済をしても連帯保証人から外れることができない場合などに利用する方法です。例えば、夫婦二人で50%ずつ住宅ローンを組んでいて、夫が親から借りたお金で自分の住宅ローンを全額返済しても、妻の収入だけでは住宅ローン返済が難しい場合、妻の親や兄弟が住宅ローンの名義人になるケースなどです。

共有名義の問題を任意売却で解決した事例

名義変更が難しいため、養育費の代わりにローンを支払う約束をして離婚したものの支払ってくれないなど離婚後もトラブルが多いのが特徴です。離婚の際はなかなか、顔を合わせて話し合うことは難しいし避けたい面もありますが、お金の問題は放置するほど大きくなってしまいます。離婚前に夫婦で話し合い、住宅ローン問題を先送りしないことで離婚後のトラブルを減らすることができます。第三者を入れることで感情的に話し合うことが減るかも知れません。

全任協フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)の無料相談か無料メール相談へご連絡下さい。

共有名義の場合の解決事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧