ゆとりローン(ゆとりろーん)とは

ゆとりローン(ゆとりろーん)

1993年から2000年に販売されていた住宅金融支援機構(当時は住宅金融公庫)の住宅ローン商品の一つ。融資後5年間は金利が低く設定されているが、徐々に金利が高くなっていくのが特徴でした。ゆとり返済とも呼ばれています。給与が年齢と共に上昇していく年功序列型の経済を想定して作られた商品のため、増加していく返済負担が重く、住宅ローン滞納や競売、任意売却の大きな原因の一つとなっています。

関連コンテンツ

  • ゆとりローン(ステップローン)利用で支払いが急に増えて返済できない
  • 任意売却の解決事例:ゆとりローン/ステップローン
  • や行の任意売却用語

    や行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧