債務超過(さいむちょうか)とは

債務超過(さいむちょうか)

住宅ローンの場合、債務超過とは、自宅を売却しても債務(借金)が残ってしまう状態のことを指します。中小企業の場合は、貸借対照表上で、債務(借金)が財産(現金や所有している不動産等の合計)を上回っている状態のことです。所有している不動産等の価格下落により、貸借対照表上では債務超過していないが、不動産を時価に修正すると債務超過になっている場合もあります。債務超過している場合は、所有不動産に時価以上の抵当権が設定されていることが多く、売却する際は任意売却となるケースが多いです。

さ行の任意売却用語

さ行トップ

用語辞典トップページ

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧