人工透析で住宅ローンが免除されない

任意売却の成功事例:お悩み: 収入減
人工透析で住宅ローンが免除されない

所在地:東京都北区
職業:パート
年齢:59歳
家族:
物件種別:マンション
残債:780万
売却価格:1600万

ご相談内容

東京都荒川区のAさん。秋ごろの体調不良をきっかけに病院での検診を受けたところ、重度の腎疾患という診断を受け人工透析を行うことが習慣となってしまいました。同居をされている方はいるものの、パートでの収入だけで支払いを継続するのは難しいということもあり、先々の住宅ローンの支払いはとても厳しいものの住宅ローンは免除されませんでした。Aさんも現在の仕事を継続していくのは困難になった為、任意売却のご相談をいただきました。また、自身が動けるうちに自宅の売却をして、他の支払いも返済したい。という思いがあり、なるべく早期に解決をして、手元にお金を残してほしいというお話もありました。

ご提案内容と解決方法

体調不良の影響か、室内の状況が荒れており、通常販売では早期売却は難しいと想定されました。ですが、人工透析を継続するため医療費の負担もあり、早期解決をご希望されていましたのでご希望の形で解決を目指しました。また、肉体的にも精神的にもご負担が無いよう、引っ越し先のお手伝いとお荷物の処分までトータルサポートさせていただきました。

任意売却後の生活

残債が少なめであったことから、物件売却価格でローンの返済に回せることになりました。今後、住宅ローンの支払いに悩む必要もなく、ご希望されていた現金もお手元に残せることになりました。体の治療に専念できる環境になり新生活をおくられています。

ご感想

不動産売買についてはわからなことが多く、また、目先の支払いが出来ない状況を解決することができてよかったです。次の住まいまでサポートもしていただき、体調面も考えて頂きとても助かりました。相談してからとても話が進むのが早く、丁寧で素早く対応で結果的にほぼ希望どおりでした。

ご相談担当者の一言

Aさんがお体の具合が悪く、つらい状況の中で、多くのことをお任せいただきました。陰ながらお金の面で、同居人の方には迷惑をかけたくない、心配をさせたくないというお気持ちがあるように感じておりましたが、次のお住まいまでサポートできAさんも納得、ご安心されているようでした。今後も元気で長生きしていただきたいと切に願います。 病気により住宅ローンが払えなくなった場合、高度障害状態であれば、団信(団体信用生命保険)の適応で住宅ローンが免除される場合があります。ですが、人工透析は高度障害状態に認定されない状況も出てきてしまっています。病気で住宅ローンが免除されない場合、苦しいですが現実と向き合い次の方法を考えて先に進まなければなりません。病気やご状況により、取れる手段は人それぞれです。フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡しご状況をお知らせください。一部ご相談が難しい地域もありますが、全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。メールによるご相談は24時間受け付けています。お電話が難しい場合は無料相談フォームにてお気軽にご相談下さい。内容に関しては秘密厳守いたします。

似た事例を見る: 
似たカテゴリ: 収入減 病気/入院 

お悩み[収入減] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号 ※携帯電話可

 連絡はメールにしてほしい
相談したい物件の都道府県(必須)
市町村名、番地
マンション名等
お問い合わせ項目  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について 親子間・親族間売買・リースバックについて 法人様(事業資金について)のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み