劣後ローン(れつごろーん)とは

劣後ローン(れつごろーん)

劣後ローンとは、会社が破産または解散した場合に、お金を返してもらう順位が低い(劣後する)ローンのこと。一般の債権者(通常のローン)に対しての支払いが終了した後に、残りの財産で劣後ローンに対する支払いをします。株式に強い性質を持つため、一般的には自己資本の一部として見られます。

関連語句

  • 債権者
  • ら行の任意売却用語

    ら行トップ

    用語辞典トップページ

    • 任意売却用語集
    • 債権回収会社(サービサー)一覧