夫が病気で住宅ローンが払えない

任意売却の成功事例:お悩み: リストラ/失業
夫が病気で住宅ローンが払えない

任意売却の成功事例:写真掲載不可

所在地:東京都武蔵村山市
職業:元会社員
年齢:52歳
家族:妻、子供2人
建物種別:戸建
残債:2,200万円
売却価格:1,200万円

ご相談内容

東京都武蔵村山市で平成10年に3400万円で新築一戸建てを購入されたTさん。男の子と女の子のお子さんが産まれ、家族4人で楽しい生活を送られていました。数年前にご主人が脳の病気を患い1ヶ月半という約90日間の長期入院の末離職。入院保険や奥様の収入で食費などを節約されギリギリの生活で耐えていました。退院後なんとかご主人もアルバイトできるまでに元気になりましたが、二人の子供の学費がかかる時期となり、生活に掛かる資金も多くなり、住宅ローンが払えなくなってしまったため協会にご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法

Tさんからご相談いただき、価格査定をしたところ、任意売却後も残債が1,000万円以上残ってしまうことが分かりました。債権者との交渉は時間を要しましたが、最終的には相場価格の1,200万円での売却に合意をしてもらえました。ご相談いただいた当初はリースバックにより現在の自宅に住み続けることもご提案させて頂きました、最終的にご相談者様の「新天地で心機一転やり直す」との結論により任意売却による解決を選択されました。

任意売却後の生活

現在はお子様の学校の関係も有りご自宅からさほど遠くない場所に引っ越されたTさん。残債は月々10,000円の支払いをすることで債権者と合意することができました。

ご感想

ご相談した時には、夫が病気になってしまい何をどうすれば良いのかパニック状態でしたが、無事住宅ローン問題を解決させることができて良かったです。今後は心機一転して、家族で頑張っていこうと思います。

ご相談担当者の一言

決済当日は、「今日の天気のように清々しい気持ちになれた」と、うれしいお言葉をいただきました。Tさんの第二の人生に幸多かれと願うばかりです。昨日まで元気で居た方が、急に病気になると言う場合もあります。その場合に今回の旦那様のように大黒柱が病気になってしまうと、一家が路頭に迷うという結果にもなりかねません。住宅ローンが払えない状況は望ましい状況ではありませんが人生の終わりではありません。諦めず協会を信頼してご連絡下さい。

似た事例を見る: 
似たカテゴリ: リストラ/失業 病気/入院 

お悩み[リストラ/失業] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧