公務員退職後、住宅ローン返済できない

任意売却の成功事例:お悩み: 定年退職/老後破産
公務員退職後、住宅ローン返済できない

所在地:東京都西東京市
職業:無職
年齢:61歳
家族:妻、娘(独立)
建物種別:戸建
残債:1,340万円
売却価格:1,000万円

ご相談内容

東京都西東京市に住むKさんは地方公務員として働いていた30歳の時に戸建を購入しました。35歳の時に公務員を辞め、長年の夢だったパン屋さんを起業。しかし、商売は軌道に乗らず2年間で会社を清算することになりました。幸い、すぐに会社員として再就職できましたが、公務員時代に比べると給料は少なく、住宅ローンの条件変更を行いました(5年間の返済期間延長)その後は、37歳から定年退職する60歳まで23年間、会社員として勤務。現役時代は問題なく住宅ローンの返済ができていましたが、退職後は返済が厳しくなったと当協会にご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法

Kさんは「何とか自宅に住み続けたい」というご希望が強かったため、リースバックができないか調整を試みました。Kさんには娘さんが一人いましたが、今は遠方に住んでおり、状況は知らないとのこと。早速、親子間売買をしてリースバックにご協力いただけないか、当協会から打診しました。しかし、当初は長女のご主人が強く反対。理由は「自分たちが住まない家を買うほど、うちは裕福じゃない」というものでした。投資として低いながらリターンがあることを何度もご説明し、娘さんからの必至の説得もあり、最終的にはご主人からも親子間売買に同意してもらうことができました。

任意売却後の生活

親子間売買で無事に自宅を守れたKさんは、毎月4万円の家賃を払ってご自宅に住み続けています。年金がもらえるようになる65歳からは家賃は6万円支払う約束になっているそうです。また、残債も毎月5,000円ずつ返済しています。

ご感想

この年になって住み慣れた自宅を売ることには強い抵抗がありました。娘に頼ることにも抵抗がありましたが、今は娘夫婦には本当に感謝しています。

ご相談担当者の一言

今回はKさんの希望通り、親子間売買ができて何よりでした。娘さんのご主人も「良い投資をした」と言っていただけたので良かったです。ありがとうございました。

似た事例を見る:  
似たカテゴリ: 定年退職/老後破産 

お悩み[定年退職/老後破産] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧