アパート経営に失敗。ローンが返済できない

任意売却の成功事例:お悩み: 不動産投資失敗
アパート経営に失敗。ローンが返済できない

解決事例(神奈川県横浜市Dさん)賃貸アパート外観

所在地:神奈川県横浜市
職業:会社員
年齢:36歳
家族:妻
建物種別:収益物件
残債:4,600万円
売却価格:3,800万円

ご相談内容

神奈川県横浜市にお住まいのDさん。親が所有していた土地を相続したところ、某大手ハウスメーカーが賃貸アパート建築の営業に来ました。賃貸経営がどういうものかという知識もないまま、提案されるがままに1億円程度を借金して賃貸アパートを新築しました。新築時は空室もなく収入も安定していたのですが、築5年を超えたあたりから空室が出るようになり、修繕費もかさむようになってきました。築年数が経つにつれ家賃も下がり、築11年となった時には収入が当初計画の70%まで落ち込んでいました。

 

新築当初は60万円あった収入が今は43万円に減少。対して毎月の返済は変わらず55万円引かれていきます。さらに毎月の光熱費の他に修繕費や固定資産税、所得税がかかってくるため、現在は年間150万円以上の赤字です。貯金を切り崩して返済に充てられていましたが、いよいよ支払いができなくなり、インターネット検索をしていたところ、任意売却という言葉を知りご連絡頂きました。

ご提案内容と解決方法

Dさんから「今月のローン支払いができない。どうしたら良いか」というご相談をいただきました。これまで修繕や毎月の赤字分の埋め合わせで、累計1,200万円以上の追加投資をアパートにされていました。 所有されている収益アパートを調査すると、売却査定額は3,800万円となりました。Dさんの残債は4,600万円。債権者と交渉し、3,800万円で任売却することに応じてもらえました。当協会のパートナー不動産会社に対して情報提供をしたところ、そのうちの1社が満額の3,800万円で購入することになりました。投資用物件は詳細条件の調整が難しいですが、不動産会社からは瑕疵担保免責などの条件は全て了承してもらうことができました。

任意売却後の生活

Dさんはサラリーマンで収入も安定しているため、任意売却後は毎月5万円の返済を行うことで債権者と合意しました。アパートは元々実家だったため、ご近所の目を気にされていましたが、ご近所の方には「高く買ってくれる人がいたから売った」と説明したそうです。この辺は任意売却の良さであり、競売の場合は有無を言わさず住所が公開されます。ご近所の目が気になる方には競売より任意売却の方がメリットとなります。

ご感想

5万円の返済は簡単ではないですが、何より以前に比べて精神的な負担が無くなりました。今はアパート暮らしですが、お金を貯めて一戸建てを購入するのを目標に、妻と二人で頑張っています。

ご相談担当者の一言

担当者写真なし

Dさんご夫妻の理解もあり、スムーズに任意売却を進めることができました。ありがとうございました。

似た事例を見る:  
似たカテゴリ: 不動産投資失敗 相続のお悩み 

お悩み[不動産投資失敗] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧