[任意売却の解決事例] ホームレスでも構わない。生活保護で親族に迷惑をかけたくない。

任意売却の成功事例:お悩み: リストラ/失業
ホームレスでも構わない。生活保護で親族に迷惑はかけたくない

兵庫県神戸市のマンション事例写真

所在地:兵庫県神戸市
職業:無職
年齢:56歳
家族:一人暮らし
建物種別:マンション
残債:1800万円
売却価格:1220万円

ご相談内容

相談者A氏は、現在56歳。42歳の時に、今後は一人で生きていくと決め、思い切って、神戸市内の新築マンションを購入しました。一人で住む事を前提としていた事から、新築時、間取りを2LDKから1LDKへと変更しました。しかし、購入直後、長年勤めていた会社が倒産。派遣の仕事に就くものの期間満了時に退職を繰り返す日々が続いていました。その頃から、極度の近視で年齢を重ねた事から、目に黄斑症状が出始めました。医者からは、このままでは失明の恐れがあると言われ、預貯金を切り崩し、手術をしました。その手術で失明の危機は乗り越えましたが、約1m先すら見えづらくなり、視力の回復には至りませんでした。視力の低下により、再就職してもなかなか仕事をこなすことが難しく、事務作業していても、パソコンの画面が見えづらく作業がはかどらないといった事から、職を転々とせざるを得ない状況でした。そんな状況のため、就職活動にも消極的になり、預貯金も底をつき、携帯電話代、税金、住宅ローンの返済が滞り始めた為、当協会へ相談の電話をいただきました。

ご提案内容と解決方法

面談当初、A氏は無職であり、預貯金も残りわずかという状態でした。また、目の病気も抱えており、治療費もかかることから、今後生活をするのも難しい状況と判断しました。全任協では生活保護申請サポートもしておりA氏は生活保護を受給することが最善の策であると判断しましたが、生活保護を受給するためには物件の売却が前提です。A氏の生活保護受給の申請の提案をし、同時に物件の売却も提案したところ、「連絡の取れる唯一の親族である弟に、私の困窮した状況がわかると、弟は生活支援を申し出る可能性もあり、弟の生活にも迷惑がかかる。」とおっしゃっており、生活保護受給には難色を示されました。そのため、物件の売却にも消極的でした。思い入れのある家を手放すことや、自分の思い描いていた老後の生活と、現実とのギャップにやや混乱したようにも思えました。「弟に迷惑を掛けるくらいなら、競売になっても構わない。私は野宿でもします。それでもどうしようもなくなったら失踪します。」と涙ながらに仰っていました。私共は、A氏に心の整理をしていただく為にも、時間をおいて説明をすることを選択しました。面談後も何度かA氏と連絡を取り、生活保護受給申請をするよう説得し、同時に売却の方も提案していきました。

任意売却後の生活

A氏の物件の周辺には3LDKのファミリータイプのマンションが多く存在し、ファミリータイプの物件がよく売れるエリアでした。しかし、A氏の物件は入居時に1LDKに改装したという事もあり、案内もなかなか入らない状況でした。しかし、室内状況は非常に綺麗であった為、販売後4ヶ月を経過した頃に、1人住まいの高齢のお客様が物件を気に入って下さり、売却に至りました。生活保護申請に関しては、売却活動当初から行政折衝しておりましたが、資産があることが理由でなかなか審査が進まない状況で、明日の生活費さえ無い状態でした。本人同行のもと、何度も行政へ出向き、窓口担当者と折衝した結果、受給承認が得られました。売却後は転居先も市が斡旋してくれた事もあり、スムーズに行えました。

ご感想

購入した時は、まだ元気でしたので、このような思わぬ病気による生活困窮は想定していませんでした。病気になってしまったのは致しかたない事ですが、無事再出発が出来そうです。もし、相談してなければ、おそらく競売になって、強制的に退去せざるを得なくなり、その後は恐らく、ホームレスになっていたと思います。任意売却が成功し、しかも生活保護まで受給できたので、本当に良かったと思います。これからも病気とうまく付き合い、今までどおり弟と良好な関係も続けていけそうです。

ご相談担当者の一言

兵庫県神戸市のマンション事例写真

私と面談した時のA氏は、「世間では60歳を超えると悠々自適な生活をしている人が多いのに、なぜ私だけがこのような目に合わなければいけないのか」と話されておられました。室内を拝見しても、まるで新築の物件に来たのかと錯覚を覚えるくらいに室内の状況は綺麗だったことから、今まで真面目に生きてこられたのだなと直感いたしました。面談時、心を閉ざされた状況で紆余曲折はありましたが、提案した内容がすべてうまくいき、A氏の心の平穏に一役を買えた事に、良かったなと感じました。フリーダイヤル(0120-963-281)へご相談か、メール相談お待ちしています。

似た事例を見る:  
似たカテゴリ: リストラ/失業 

お悩み[リストラ/失業] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧