妻の貯金使い込み 家計破綻の相談

任意売却の成功事例:お悩み: 収入減
妻の貯金使い込み 家計破綻の相談

所在地:埼玉県和光市
職業:自営業
年齢:68歳
家族:妻、子供
物件種別:戸建
残債:1,600万
売却価格:1,100万

ご相談内容

15年前に中古で自宅を購入。以前住んでいた都内の実家を売却した際の売却金を頭金として使う事も考えたものの、老後に仕事が減った際に一括で返済に充てるようにと貯金を残していたそうです。今回のコロナ禍で、仕事が激減し家計破綻。今こそ貯金の出番だと一括返済に充てようとしたところ、お金の管理をしていた奥様が貯金を使い込みし、全て使い切ってしまったということが判明。そこからはあっという間に住宅ローン滞納が始まり、気が付くと競売の通知が到着してしまったとの事。慌ててご相談となりました。

ご提案内容と解決方法

ご相談いただいた時には競売の入札期間まで約4か月ほどの猶予しかなかったため、ご家族全員(成人している息子さんも無職でした)の諸手続きを迅速に行わせていただきました。並行して任意売却の手続きを行い、なんとか競売の前に任意売却と転居を完了することができました。

任意売却後の生活

奥様の貯金使い込み、家計破綻、と住宅ローンのご相談ですが、他にあった債務(カードローン等)も含めて弁護士による債務整理手続きが進むこととなりました。実際、債務整理の費用も生活保護受給費からの捻出もできたため、生活を守りながらすべての手続きを滞りなく進めることができました。

ご感想

競売の通知が手元に来た時には、妻の貯金使い込みも信じられず、貯金がなくなり家計破綻している状況から、何をどうすればよいか全然分からず、絶対競売で家を追い出されてしまう、住むところはどうしようなどと思っていました。しかし、自分たちの生活のことを心配してくれて、貯金がなくなり離婚するか悩み暗く塞ぎこんでいたときでも明るく対応してくれたことで希望の光が見えました。新しい住まいも見つかり、競売になることなく解決していただいたので大変感謝しております。

ご相談担当者の一言

妻の貯金使い込みで貯金がない!家計破綻して住宅ローンが払えない!と慌てた様子でご相談いただきました。退職金や生活保険、資産などといった給与等以外の資金をあてにしていたものの、実際には目減りや減額しているとなると慌ててしまいます。万が一に備えて貯金しているという慎重に準備する方でしたので、焦りは相当でした。家計破綻の場合は使い込み以外にも様々な原因がありますが、賃貸住宅と同じように現在の収入に見合った月額の支払いがどうかを改めて見直していただき、無理がある場合は無理して住宅ローンを払い続けない、住み続けないという選択を取る方が良い場合もあります。大切なご自宅ですので住み続けたいのがもちろんですが、家計破綻してまで住み続けることで、お金に関する口論が増え離婚や家族別離に繋がる事は珍しい事ではありません。無理をして今の家に住み続けることがご家族やご自身にとって良い場合でないことも残念ながらありえます。現在のお家に住み続けることで家計破綻に繋がる、また繋がりそうで悩んでいるという場合はお力になれると思いますので、フリーダイヤルでお電話0120-963-281(クロウサルニンバイ)までお電話ください。協会への電話相談は年中無休、全国対応で9:00~20:00とさせて頂いています。メールでのご相談は24時間可能ですので、無料相談フォームよりいつでもご都合のよい時にお送り下さい。事前にご相談いただくことで新たな方策が見出せるかもしれません。ご相談の秘密は厳守いたします。

似た事例を見る:  
似たカテゴリ: 収入減 

お悩み[収入減] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号※携帯電話可

 連絡はメールにしてほしい
相談したい物件の都道府県(必須)
市町村名、番地
マンション名等
お問い合わせ項目 住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について 親子間・親族間売買・リースバックについて 法人様(事業資金について)のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み