リースバック条件が合わない場合

任意売却の成功事例:お悩み: 収入減
リースバック条件が合わない場合

所在地:埼玉県朝霞市
職業:会社員
年齢:50歳
家族:
物件種別:マンション
残債:1,480万
売却価格:980万

ご相談内容

埼玉県朝霞市のMさんのご相談です。20代後半で結婚し、新居としてマンションを購入。10年以上連れ添うも諸々あり離婚を決断。近年は飼い猫との生活が続いていたそうです。仕事も定職にはついているものの、この不景気の中で年収も上がらず、住宅ローン含む支払い関係がとても厳しくなってきていたとの事です。月々の支払いを用意することが厳しくなり、複数のキャッシングを行い返済に充てていたそうです。しかし、ついにもうどこからもお金が用意できない状態に陥り、気づいたときには多重債務と化してしまったそうです。できるならばリースバックで愛着のある家を残してどうにか住み続けられないかとのご相談でした。

ご提案内容と解決方法

当協会ではリースバックの成功事例も多くあります。Mさんも相談当初のご希望はリースバックをして、住み続けることがご希望でしたが、リースバックに関しては残債務が多く残っており、賃料がこれまで支払い続けていた住宅ローンより高額になってしまい、条件が合わず現実的な解決方法ではありませんでした。リースバックのメリットとデメリットもご理解いただき、複数のキャッシングも行われていたことやご離婚されたことなどお聞きしたを考慮し、リースバックとは別の方法での解決のご提案をさせていただきました。

任意売却後の生活

ご相談頂いた当初はリースバックのご希望でしたが現実的に厳しい状況でした。だからと言って解決方法がないわけではありません。Mさんのご状況を詳しくお聞きし、家を守ることより現在の支払いを何とかしたい気持ちの方が強いことから、任意売却をご提案をさせていただきました。任意売却後は住宅ローンの支払いとボーナス払いの圧が無くなり、今までの借入も生じてこないので、Mさんの負担が多少でも取り除けたのかなと思います。自己破産を行ってしまうと職業的に難しいので、債務整理は行わずに分割での支払いをすることになりました。この先、また経済の状況などで厳しい状況に陥った際には、またいつでもご協力ができるようにこの先もサポートしていけたらと思います。

ご感想

返せると思っていたキャッシングですが、徐々に自分にも手に負えないところまで来てしまっていました。最初の希望はリースバックしてこのまま住み続けたい希望がありましたが、自分の置かれてる現状を詳しく見て頂き、任意売却をすることになりました。分からないことも自分がわかるまで教えてくださり、とても親身になって頂けたと思います。他にも相談に行きましたが、こちらの方が自分のことを考えてくれている気がして、このようにすぐ形になったので良かったです。ありがとうございました。

ご相談担当者の一言

リースバックの場合は、家賃として賃料を支払うことが条件になります。その金額がこれまでの住宅ローンより高額になってはリースバックをする意味が薄れてしまいます。マイホームというのはとても大切なものです。ただ、家を守るためのご自分が追い込まれては元も子もありません。ご自分ではリースバックが最善の解決方法だと思っていても条件的にリースバックが良い方法では無い場合もあります。これは不動産の立地やご状況などにより変わりますので、まずご自分がどうなのかご相談頂けましたら、最善の解決方法をご一緒に探していけるかと思います。お力になれると思いますので、フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡ください。全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。メールによるご相談は24時間受け付けています。お電話が難しい場合は無料相談フォームにてお気軽にご相談下さい。内容に関しては秘密厳守いたします。

似た事例を見る:  
似たカテゴリ: 収入減 離婚/連帯保証人 

お悩み[収入減] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号 ※携帯電話可

 連絡はメールにしてほしい
相談したい物件の都道府県(必須)
市町村名、番地
マンション名等
お問い合わせ項目  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について 親子間・親族間売買・リースバックについて 法人様(事業資金について)のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み