自宅が担保。社長の自宅を守る方法

 
 

任意売却の成功事例:お悩み: 収入減
自宅が担保。社長の自宅を守る方法

所在地:東京都港区
職業:
年齢:75歳
家族:妻
物件種別:マンション
残債:4,100万
売却価格:4,300万

ご相談内容

東京都港区のIさんは輸入卸業を営まれている社長さんでした。新型コロナウィルスの影響も相まって、仕入れ業者が連鎖的に支払いが滞り、自身も支払いができなくなってしまったそうです。仕入れの元手は自宅を担保に借り入れた資金で自転車操業的に経営を続けてしまったことから、支払いが全くできなくなってしまい、ついには競売にかけられてしまいました。子供への売却で親族間売買も検討し、社長の自宅を守る方法はあるのか、なんとか手元に自宅を残したいという切実なご相談でした。

ご提案内容と解決方法

ご自宅を確認したところ、賃借権(借地)のマンションであり、築年数も相当古く、長期的な修繕計画も策定されておりませんでした。また、地主の地代の値上げ要求にて長年、管理組合全体と揉めていたことから、地主より所有者移転に伴う手続き書類の発行が条件が厳し(数百万円を要する)など難しい物件でした。競売開始まで猶予も迫っていたことから、売却期間の長期化におけるリスクを踏まえた上で、手残り金も残せる解決方法をご提案させて頂きました。 >> 【無料メール相談はこちら】秘密厳守で早急にサポートいたします。

任意売却後の生活

Iさんのご長男さんは別に家庭を持たれており、長男家族のご近所にて賃貸物件にお引越しをされ、毎日お孫さんと会えるようになり活力を取り戻しておられます。Iさんが社長を務められている会社は不渡を出している状況ではありますが、ご自身が倒産させてしまうと、関係先も連鎖倒産となってしまうことから、タイミングを計られています。

ご感想

10社以上の不動産業者や任意売却の会社に相談を試みましたが、こちらの協会が一番説明がわかりやすく、スムーズに行ってくれそうだったのでお願いしました。難しい交渉事にもめげずに対応頂き、良き解決に導いて頂きとても感謝しております。

ご相談担当者の一言

ご相談者様は不動産業者と金融業を取り扱う街金会社さんからの融資であったため、金利や手数料の条件も大変高額でした。事業に伴う資金融資は公庫や金融機関から融資を否決されてしまった場合、安易に自宅不動産を担保に借入を行うと思いもよらないことになりがちです。経営者様の複雑なご相談は全任協の得意とするところです。お力になれると思いますので、フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡ください。全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。メールによるご相談は24時間受け付けています。お電話が難しい場合は無料相談フォーム無料査定フォームにてお気軽にご相談下さい。内容に関しては秘密厳守いたします。

似た事例を見る:  
似たカテゴリ: 収入減 法人倒産/事業失敗 

お悩み[収入減] 任意売却の成功事例

    任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    相談したい物件の都道府県(必須)

    市町村名、番地、マンション名等

    お問い合わせ項目

    住宅ローンの返済・滞納について金融機関からの督促について競売について差し押さえについて任意売却について親子間・親族間売買・リースバックについて法人様(事業資金について)のお問い合わせその他

    ご相談内容

    個人情報保護方針の
    同意確認(必須)

    個人情報取り扱いについて

    一般社団法人 全国任意売却協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

    個人情報の取得

    当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

    個人情報の利用

    当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

    • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため

    • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため

    • お問い合わせの対応のため

    • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

      市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。

    • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

      サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。

    • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

    個人情報の第三者への提供・共同利用

    当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

    1. お客様が同意されている場合

    2. 法令により必要と判断される場合

    3. 契約の相手方になる者またはその見込み客

    4. 不動産管理等を実施する管理会社

    5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報

      • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供

      • 不動産調査機関等

    6. 融資等に関する金融機関

    7. 信用情報機関

    個人情報の利用停止

    個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

    個人情報の変更

    当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

    同意する
    ※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

    今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

    • 0120-963-281
    • メール相談 24時間受付中
    • 面談相談 全国対応
    • 面談相談 全国対応

    全任協の3つの強み

    無料相談 予約はこちら