リストラと病気。カードローンで生活費を補填していたが老後破産。

任意売却の成功事例:お悩み: リストラ/失業
リストラと病気。カードローンで生活費を補填していたが老後破産。

所在地:兵庫県西宮市
職業:会社員
年齢:51歳
家族:2人
建物種別:マンション
残債:4,200万円
売却価格:4,000万円

ご相談内容

兵庫県西宮市にお住いの、相談者のA氏は以前、人材派遣会社に約20年勤務しており、当時の年収は1200万円ほどありました。一般的に見て高収入のご家庭です。夫婦共働きで子供も居なかったこともあり、平成14年に新築分譲マンションを、5,300万円で購入しました。月々のローンと管理費・修繕積立金等で毎月30万円程度支払っておりましたが、鳩山政権による派遣法改正により、人材派遣業界が多大な影響を受け、仕事が減り、それにより年収も約半分になりました。その後、業績不振から人員整理という形で退職することとなりました。また奥様も一時的に会社を辞めており、ご主人の退職後、就職先を探すのものの、年齢的(47歳)な問題もあり再就職先がなかなか見つからず、預貯金を取り崩し、生活費の不足を補填するため、カードローンを利用するようになりました。現在A氏は、知人の紹介で転職先が見つかり、新しい会社で再出発しておりましが、退職から再就職まで1年間ほど無職でしたので、カードローン、税金、管理費が払えず、また追い打ちをかけるようにA氏は心臓の病気になってしまいました。それで入院代の請求も高額であったことから、住宅ローンの返済も遅れ遅れになり延滞となり、老後破産のような状態に。このままいつまで住み続けることができるかわからず、相談のため来社されました。

ご提案内容と解決方法

面談時の滞納は6回でした。本物件は、西宮市内の臨海側に位置しており、震災後は心理的影響として流通性に劣るエリアでしたが、本物件の共用施設(フィットネスジム、温水室内プール、ラウンジ、パーティールーム、ゲストルーム、シアタールーム、温浴施設等)は周辺の競合物件と比べグレードが高く、本物件は15階で眺望も良く、間取りも4LDK、角部屋という条件であり、棟内の競合物件が高値で売り出されており、また売却物件も希少であった為、本物件は高値での売却が期待できたので、任意売却のメリットを説明しました。面談時には、税金の滞納もあったため差押えがつかないように税金の分割納税を提案しました。

任意売却後の生活

当社査定額は3,550万円でした。売り出し当初、同じ物件の階下で4,780万円の競合物件が存在したため、債権者評価も高く4,300万円という高い価格設定での販売活動となりました。当然、内覧者も現れることなく3ケ月が経過しました。そのうち競合物件が突然3,650万円で成約したため、値崩れをおこし、競合物件を購入できなかった2番手の見込み客が、当該物件を内覧され、値段交渉の末、無事契約に行きつきました。売却のタイミングが幸いし、残債務が少なくなったため、分割弁済しております。

ご感想

以前の年収が、高収入だったことから、仕事仲間と飲みに行っても全員の分を奢る等の大盤振る舞いをしていました。退職後もこのような生活態度を改善できませんでした。また、住民税や固定資産税も高額でしたが、住宅ローンをトップしていた期間に全納でき、病院代も何とか支払いできる状況でした。この度の売却によって、生活態度を改める良い機会になりました。残債も残りわずかですから、頑張って返していきます。

ご相談担当者の一言

私と面談した際、ご主人の体調は悪く、また奥様もパートで忙しくされており、当該物件の内覧調整が着き難く、高値の売り出しにより、反響が少ない中でしたが無事成約に至り良かったと思います。当初は、任意売却に難色を示されてましたが、税金の滞納解消や住宅ローンの残債を多く減らすことができたことで、A氏の再スタートに貢献できてよかったと思います。

似た事例を見る: 
似たカテゴリ: リストラ/失業 病気/入院 

お悩み[リストラ/失業] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧