任意売却の無料相談。住宅ローン滞納や競売のお悩みを解決します。秘密厳守

任意売却の成功事例:お悩み: 収入減
転職先の業績不振による収入減。その後カードローンなどの多重債務に。

所在地:愛知県
職業:会社員
年齢:
家族:ご本人のみ
建物種別:マンション
残債:1900万円
売却価格:1350万円

ご相談内容

離婚後、養育費の支払いを続ける為に、収入アップを考え転職をされました。しかしその後、新しい会社が深刻な業績不振になり、残業代もなくなったことで収入がかなり下がってしまったそうです。養育費や住宅ローンの支払いをする為、複数の会社からカードローンで借金を繰り返しながら返済を続けていましたが、ついには住宅ローンやカードローンも滞納してしまうことになりご相談に至りました。

ご提案内容と解決方法

お会いさせていただいた時点で、住宅ローン以外の借金もかなり滞納されていました。その他税金の滞納もあり、ご自身も借金の総額が把握できていない状況でした。取り急ぎマンションの売却準備と、区役所の納税課にご本人と出向き、任意売却の了承と税金は分割でのお支払いを了承して頂くことが出来ました。他の債務については弁護士をご紹介して頂き、マンション売却後の自己破産の手続きを依頼しました。

任意売却後の生活

マンションは販売開始後、約一ケ月後に買主様が見つかり無事に売却することが出来ました。その際のマンションの管理費の滞納も保証会社に控除していただき、支払いすることが出来ました。ご相談を受けてから住宅ローン以外の支払いは全てストップしていましたので、その分、税金の分納の支払いに回せて完済の目処もたってきました。

ご感想

毎日のように督促の手紙や電話がかかってきていて正直、仕事も手につかず精神的にもかなり限界でした。相談させて頂いてからは督促もなくなり気持ちがかなり楽になりました。無事にマンションも売却でき、これでなかなか支払いが出来なかった養育費が支払うことが出来ます。もっと早く相談すればよかったと思っています。

ご相談担当者の一言

ご相談当初は、ご本人も現在の状況を把握されておらず、かなり精神的に深刻な状況でした。債務総額がかなりの高額で、マンションを売却しても状況が変わらないと判断をしましたので、売却後の自己破産をご提案させて頂きました。税金については何とか分納を認めていただき、差押えは回避することが出来ました。ご本人も「何故もっと早く相談しなかったのか。」と最後におっしゃっていました。ご相談するのも勇気がいることと思いますが、現状を変え、早く元の生活に戻す為にも一日でも早くご相談頂く事が解決の早道です。

似た事例を見る:     
似たカテゴリ: 収入減 離婚/連帯保証人 

お悩み[収入減] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧