任意売却とマイナンバー

任意売却とマイナンバー

マイナンバーとは

関根先生

マイナンバーとは「日本に住民登や国籍に関わらず、日本に住民登録をしていれば(住民票があれば)発行されます。マイナンバーは、さまざまな機関の持っている個人情報を紐付けるために活用されます。しかしその活用方法も番号法という法律で定められていて、現在は社会保障・税・災害対策に関する内容のみ紐付けがされています。
2018年からは預金口座もマイナンバーで紐付けられることが閣議決定されていたり(2年程度は任意になるようですが)、今後は株式や不動産、自動車。さらには貴金属・骨董品まですべてマイナンバーで自分の財産が管理されるようになる日が来るかもしれません。

マイナンバー導入の目的

マイナンバー導入の目的は大きく分けて3つあり、
1.所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行うこと。
2.添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担を軽減すること。 また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取れるようにすること。
3.行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力の削減や、複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄の削減。
とされています。

マイナンバーの影響で住宅ローンは支払えなくなるの?

現在の番号法によれば、マイナンバーが住宅ローンに及ぼす影響はほとんどありません。
なぜならば、マイナンバーで管理されている情報は先述の通り、社会保障・税・災害対策の3つに関してのみしか利用することができず、その情報の閲覧権限は行政機関にしかないので、民間企業である銀行やクレジット会社、ローン保証会社には、マイナンバーを利用して税金、健康保険や年金等の未納状況などを確認することができないのです。つまり現況の番号法では不当に税や社会保障の負担を免れたり、給付を受けたりしていなければ、マイナンバー導入で住宅ローンが払えなくなることはまずないでしょう。

しかし、これはあくまで現在の状況であり今後はマイナンバーで管理される資産やその情報の利用範囲はどんどん広がっていくことと思われます。つまりいずれはマイナンバーを使って銀行などが自分の収入や財産、税金などの支払状況やローンの内容や返済状況をすべて閲覧できるようになるということです。すると住宅ローンの審査は、預金残高や入出金履歴によって更に厳しく正確に行われることが予想されます。

心配な方はご連絡ください

逆に言うと不当に税や社会保障の負担を免れたり、給付を受けてしまっている場合で、その給付を住宅ローンに回している、、などという場合は払えなくなる可能性も出てくるという事です。「この先、ローンの返済を続けていくのが難しい」と感じたらすぐにご相談ください。遅すぎて対応が間に合わないことはありますが、ご相談が早すぎて困ることは何もありません。但し、ご相談時期によっては、打つべき手段がない場合もありますがその場合はその場合、「○ヵ月後に○○という書類が届きます」など、具体的な見通しと計画をお伝えします。多くのご相談者さまは「今後の予定が分かるだけでも気持ちが軽くなった」とおっしゃいます。早めのご相談は、任意売却を成功させる一番大切なポイントです。

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 面談相談 全国対応

全任協の3つの強み

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧