サラリーマン大家の失敗と相談

任意売却の無料相談・任意売却後のサポート~新居探し/転職活動/心のケア~ 任意売却相談の全任協ブログ

サラリーマン大家の失敗と相談

2016年10月13日 公開

先日、政府日銀の金融緩和策がもたらしたマイナス金利により、サラリーマン大家が増えてるという記事を読みました。サラリーマン大家とは会社員で居ながら、不動産投資を行い大家さんとして、二足のわらじを履いている状態です。サラリーマン大家に関する本も多く出ており、会社員の副業として、アルバイトなどはできないけど不動産投資なら、、と投資を始める方も居るようです。
不動産投資を始める際、全額キャッシュで購入!と言う方はなかなかおらず、多くの場合はアパートローンなど住宅ローンとは異なるローンを組んで購入します。

投資ですから、もちろん失敗するリスクが有ります。不動産は失敗の判断が難しいとも言われますがこの判断は、投資のサイトや本などで確認下さい。問題は、不動産を失敗した・・・と判断した後、です。あなたはどうしますか?不動産を売ればいいじゃない、と簡単に思うかもしれません。では、売ってもローンが返せない場合はどうしますか。不動産は今日売りたいと言って、今日売れるものではありません。また不動産は失敗と判断するタイミングが分かりにくいともいわれます。サラリーマンの場合は、定期収入があるので特に「まだ払える」と思ってしまったり仕事が忙しくて売却のタイミングが遅れるということが起きてしまいます。

収益不動産を売却するタイミング

収益不動産を売却するタイミング

収益不動産は資産を増やすために購入された方がほとんど。しかし、売却を迷っているうちにどんどんお金が減っていってしまったという方は少なくありません。家賃収入よりもローン返済が多い場合、家賃以外の収入からも返済をする必要があります。この逆ザヤ状態を長く続けてしまっていると、必要以上に資産を失うことになってしまいます。現状回復などの投資ができていれば得ていたはずの家賃収入や、支払ったローン金利は二度と戻ってきません。また、修繕が遅れたことによる建物の損傷には、より多くの修繕費用がかかってしまいます。
必要以上に資産を失わないためにも、1,家賃収入の減少、2,大規模修繕、3,入居者の退去、の3つのタイミングで、収益不動産を所有し続けるのか、それとも売却するのかの判断を行うようにしましょう。

売却の判断をしたときに、問題となるのが売却しても、売却金額ではローンが返済できないという場合です。
実際にいくらくらいで売れるのか心配だという場合は、無料査定を行っていますのでご依頼ください。
売却金額ではローンが返済できない場合、任意売却になります。任意売却は住宅ローンだけではなく、アパートローンなど投資物件用に借り入れているローンも可能です。当協会で、過去に投資し失敗を任意売却で解決した事例をご紹介します。

収益不動産のローンが払えない場合の任意売却解決事例

不動産投資の失敗で発生したローン滞納問題を、任意売却で解決した事例集

全国でご相談が可能です

当協会は全国に相談センターがあります。収益不動産では住んでいる地域と、収益不動産の地域が異なることは少なくありません。その際も家の近くの相談センターで相談して、収益不動産の近くの相談センターと連携しながら進める、ということが可能です。全国のネットワークで連携してのご相談も可能です。安心してご相談ください。

全国の相談センター一覧

収益不動産のローン返済 ご相談ください。

物件に入居中の方がいるオーナーチェンジで、賃貸したままの売却も可能になっています。収益不動産は賃借人がおり、権利関係が住宅ローンの滞納より複雑になってきます。一棟、区分どちらもご相談可能です。当協会へはサラリーマン大家さんからのご相談も多くご相談いただき、解決してきています。9:00~20:00であれば、フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡ください。一部ご相談が難しい地域もありますが、全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。
メールによるご相談は24時間受け付けています。お電話が難しい場合は無料相談フォームにてお気軽にご相談下さい。内容に関しては秘密厳守いたします。

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 資料請求

全任協の3つの強み

関連記事