緊急事態宣言中もご相談可能です。

緊急事態宣言中もご相談可能です。

掲載日:2021年03月10日

協会は、年中無休でご相談を受け付けており、緊急事態宣言中もご相談が可能になっています。全任協ではご相談やご面談については通常通り対応してまいります。既にご面談を予約されている方やご相談を悩まれている方もご安心ください。

新型コロナウイルスの状況下でも、「住宅ローンを払えない」「住宅ローンを返せなくなりそう」などのお悩みがある状況はかわりません。いえ、だからこそご相談が必要な状況となる方もいらっしゃいます。お悩みを放置してしまう事で、状況が悪くなってしまう可能性が高いです。どんな状況でも安心してご相談できる体制を整えて参りますので、ご安心してご相談下さい。

9:00~20:00は、フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡いただけます。全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。メールによるご相談は24時間受け付けています。
お電話が難しい場合は無料相談フォームにてお気軽にご相談下さい。

ご面談時の感染症対策について

弊会ではご相談者様に安心していただくため、面談時の感染症対策に積極的に取り組んでおります。

協会の本部でもある東京相談センターなど一部の相談センターでは、アルコール消毒液やアクリル板の設置はもちろん、使用済みマスクを一時保管するマスクケースなども準備しています。

【東京相談センター】
東京相談センター 面談室
アクリル板を設置しております。

マスクケース
使用済みマスクを保管できるマスクケースです。

【埼玉相談センター】
埼玉相談センター 面談室
アクリル板を設置しております。

消毒液
手指消毒用の消毒液です。

【沖縄相談センター】
沖縄相談センター 面談室
アクリル板を設置しております。

相談センターで同様の対策が取られているわけではございませんが、このように、積極的な感染症対策を講じておりますので、『直接対面で相談したいけれど感染症が心配』という方もどうぞご安心してご相談いただければと思います。

任意売却のオンライン相談

また、全任協では東京・埼玉・神奈川・千葉・愛知のエリアでンラインでのご面談に対応しています。オンライン面談はこの1年間、多くの方にご活用いただきました。

コロナ禍のご相談について

コロナが原因となるご相談を頂き、その体験談を掲載しております。
新型コロナウイルスの影響によって発生した住宅ローンの滞納問題を、任意売却で解決したご相談内容です。

>>ご相談を見る

いつか新型コロナウイルスによる状況が良くなる、私共もそう思いながら1年が経過してしまいました。支給されるといいながら待たされることで状況が悪化している給付金や補助金に憤慨するところもありますが、新型コロナウイルスの状況が良くなってから相談しよう、新型コロナウイルスがおさまれば大丈夫、コロナがおさまるまで耐えようと思った、そうお考えで状況がどんどん悪化されてしまっている方のお話は大変心苦しいです。

9:00~20:00は、フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡いただけます。全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。メールによるご相談は24時間受け付けています。対面でのご相談が難しい場合もメール相談やオンライン面談をご用意しております。
お電話が難しい場合は無料相談フォームにお悩みをお聞かせください。

過去の新着情報