[失敗事例] 既に競売で落札。任意売却できる期間を過ぎていた事例

任意売却の失敗事例
[失敗事例] 既に競売で落札。任意売却できる期間を過ぎていた事例

任意売却の解決事例:写真掲載不可

所在地:北海道
職業:会社員
年齢:38
家族:独身
建物種別:マンション
残債:3,540万円
売却価格:-

相談内容

Bさんは独身で仕事に邁進する毎日の中、家賃が勿体ないと思いマンションを購入しました。ですが会社が倒産になり、住宅ローンの支払いが厳しくなってしまいました。自宅は売却したいと考え、売却するために複数の不動産業者に査定依頼をしました。その査定に、一番高い査定金額を出してくれた不動産会社へ「この金額で売ってくれるなら売却してもいいな」という考えでその会社に売却を依頼しました。しかしなかなか売却されず、貯金が少なくなり、いよいよ滞納が目の前に迫ってきました。倒産の後、しばらくして転職をしましたが、以前より給料が大幅に下がり生活はギリギリです。無職の時に貯金を使い果たしてしまったため、ボーナス払いの時期がきた時に、今の会社にはボーナスがないため住宅ローンが払えない事態となってしまいました。

滞納が始まると、届いたのが「催告書」でした。依頼していた不動産会社に『早く自宅を売却してほしい』とお願いすると「価格を下げたほうが良い」と言われてしまいました。そもそも高い査定を頂いたから、この会社に依頼したわけですし少しでも高く売りたかった自分は、価格を下げることを渋っていました。催告書の後も銀行から書類が届きましたが、「住宅ローンを払えないなんて恥ずかしい」と誰にも言えず抱え込んでいました。

どうして良いか分からず、そのままにしてしまっていると「競売開始決定の通知書」が届いたのです。それでも、どうしていいかわかりませんでした。どこに相談すればよいのかもわからず、時間だけが過ぎていってしまいました。「任意売却」という言葉を知り当協会にご相談いただいたのは、競売で開札がされていました。

ご提案内容と解決方法

任意売却にはできる期間のリミットがあります。今回ご相談いただいたように競売にかけられ開札がされていると、もう任意売却はできません。折角ご相談いただいたのですが、お話しを進めることが出来ませんでした。住宅ローンの支払いが厳しいことが恥ずかしくて誰にも相談できなかった、というBさんでしたが、支払えなくなることは人生の失敗ではない、と考えています。住宅ローンを支払えなくなる人は、自分でどうにか解決できたかもしれない理由の人もいますが、倒産、病気、リストラ、離婚など多くが予期せぬ出来事のために払えなくなっており、仕方ない場合も多々あります。ですので、恥ずかしくて誰にも言えない、と躊躇することなくまずはご相談ください。それから、売却先についてですが、いくつかの不動産会社では高めの売却額を提示されることもあります。その査定価格と本当に売れる価格というのは違う、ということはありますのでご注意ください。 もっと早くお話しを聞ければ、と悔やみました。電話1本でも大きく未来は変えられますので、まずはご相談ください。

現状とその後

家が競売されてしまい、家を出ていかなければならなくなりました。貯金もなく、引越費用は出ないので、家具のほとんどはリサイクル屋さんに引き取ってもらい、そのお金でトラックを借りて引っ越しました。払えなくなった時は、本当にどうしていいかわからず、どうしようもなかったんです。今は、賃貸アパートへ引越すことができ新しい生活をしています。競売後も生活に支障がない程度で残債を支払っています。

ご感想

「B様のご自宅は駅前のいい場所にありますね。人気のエリアです。4000万円ほどで売却できますよ!」と言われたときは、買った時以上の値段で売れるのかとうれしくなり売却の依頼をしました。売却を依頼するのに、自分のローン支払いが厳しいことは恥ずかしくて言えなかったことも、後から後悔しました。自分の状況を恥ずかしくても相談していたら、何か変わっていたかもしれないな、任意売却を知っていたら違ったな、と悔やんでいます。

似た事例を見る:
似たカテゴリ: 任意売却の失敗事例 

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧