離婚した元夫と共有の住宅ローン

任意売却の成功事例:お悩み: 離婚/連帯保証人
離婚した元夫と共有の住宅ローン

所在地:東京都葛飾区
職業:会社員
年齢:50歳
家族:本人 子ども
建物種別:マンション
残債:1100万円
売却価格:940万円

ご相談内容

離婚した奥様からの相談でした。元夫と共有で購入したマンションの支払いが遅れているようだというご相談でした。
離婚時には、夫がそのマンションに住み続けるということで、離婚後の住宅ローンの支払いも夫が払い続けるという約束で離婚しました。奥様はマンション購入時に連帯保証人となっていました。

離婚から15年程たち、奥様は新しい家庭を持ち生活していたところ、連帯保証人の奥様にマンションの支払いが遅れているとの連絡がありました。
新しい生活があり、もう住んでいない元夫のマンションの支払いはキツイ・・どうしたらよいのか、とご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法

元夫は住宅ローンだけでなく、マンションの管理費・修繕積立金も滞納していました。相談頂いた時点で滞納は6ヶ月になっており、このまま住宅ローンが払えないのであれば競売になってしまうので、遅かれ早かれこのマンションには住み続けることは難しいことを前夫に説明し、任意売却に協力してくれるよう説得しました。

任意売却後の生活

マンションの管理費・修繕積立金の滞納金はマンションの売却代金から費用として認められましたが、遅延損害金については認められずに残ってしまいました。これについては一括の支払いを認めてもらいました。前夫には残債が多く、払える状況でもないため破産を進めました。ですがどうしても自動車が手放せないので残った残債は少しずつ返済していくという道を選びました。

ご感想

離婚して新しい家庭もあった中、突然の請求に困惑しました。離婚した時は、連帯保証人になっているという事は頭にありながらも、顔を合わせたくなかったこともあり、夫が払い続けるというのでそれでよいかと思いました。まさかこんな事態になるとは思っていなく、担当の方から、離婚しても、銀行との間の保証契約は生きている。前夫が住宅ローンを完済するまで、いつまでも責任は残り続けている。と言われたのが身に沁みました。私のように離婚する方で連帯保証人になっている人は気を付けた方がいいと思います。

ご相談担当者の一言

担当者写真なし

住宅ローンを組むときに、夫が債務者、妻が連帯保証人となるケースは珍しいことではありません。しかし、離婚しても住宅ローンの連帯保証人から外れることは難しいのが現実です。連帯保証人は簡単に言うと離婚しても、離婚相手が支払いが滞れば、代わりに支払わないとならない責任を負い続けます。連帯保証人になっている際などは特に、離婚後も連絡先を把握しておくことは大切です。今回も前夫と連絡が取れ、任意売却に理解いただけたのが救いでした。お仕事が忙しい方で、なかなか連絡がつかないこともありましたが、何とか決済までいき任意売却で解決となりました。連絡がつかないという事も影響し、債権者からの印象が悪く苦労しました。連絡がまめな方とそうでない方は任意売却できる確率も全然変わってきます。郵便物や留守電はこまめに対応することも大事です。新しいご家庭での幸せな生活をお祈りしています。

似た事例を見る: 
似たカテゴリ: 離婚/連帯保証人 

お悩み[離婚/連帯保証人] 任意売却の成功事例

任意売却・住宅ローン滞納に関する無料メール相談

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
※携帯電話用のメールアドレスですと、送信できない場合がありますので、なるべくPCのメールアドレスをご入力ください。
確認用メールアドレス(必須)
電話番号(自宅)
携帯電話(必須)
 連絡はメールにしてほしい
都道府県(必須)
市町村名、番地(必須)
マンション名等
お問い合わせ項目 (必須)  住宅ローンの返済・滞納について 金融機関からの督促について 競売について 差し押さえについて 任意売却について相談したい 法人のお問い合わせ その他
ご相談内容
個人情報保護方針の
同意確認(必須)

個人情報取り扱いについて

一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(以下、「当協会」とします)は、本サイトを経由して取得する個人情報の取り扱いに関して、以下の通り規定します。当協会で扱う個人情報は関係法規及び当協会規定を遵守して、取得及び利用を適正に行い保護の維持に努めてまいります。

個人情報の取得

当協会は個人情報の収集を、適法かつ公正な手段により行います。収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。

個人情報の利用

当協会は、以下の目的のために、個人情報を利用いたします。

  • サービス提供に関する各種手続きおよび取り次ぎ、契約後のアフターサービスの提供のため
  • 上記の利用目的の達成の範囲での、個人情報の第三者への提供のため
  • お問い合わせの対応のため
  • 市場動向分析(市場調査・データ分析・アンケート等の実施)やサービス向上のため

    市場動向分析は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • サービス(商品、情報等)提供のための郵便物、電話、E-mail等による営業活動のため

    サービスの提供は、ご本人の申し出がありましたら、取りやめさせていただきます。
  • その他、上記の利用目的に付随する目的のため

個人情報の第三者への提供・共同利用

当協会は、収集した個人情報の利用は、 収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なく目的外に利用することや 第三者へ提供することはありません。ただし、他社に対して、下記の場合において情報を提供する場合があります。

  1. お客様が同意されている場合
  2. 法令により必要と判断される場合
  3. 契約の相手方になる者またはその見込み客
  4. 不動産管理等を実施する管理会社
  5. お客様の利益のため必要と考える以下の不動産に関連する物件情報
    • 不動産に関する物件情報の他の宅地建物取引業者への提供
    • 不動産調査機関等
  6. 融資等に関する金融機関
  7. 信用情報機関

個人情報の利用停止

個人情報の利用や第三者への提供についてお客様がご希望されない場合は、以下の問い合わせ先までお申し出ください。ただし、利用・第三者への提供の停止の結果、サービスの提供が利用できなくなる場合があります。

個人情報の変更

当協会は必要に応じて、個人情報保護方針を変更する事があります。 個人情報保護方針を変更した場合には、本サイトに掲載します。

同意する
※上記の個人情報保護方針を確認し、同意した場合のみ送信して下さい。(チェックを入れないと送信できません)

  • 任意売却用語集
  • 債権回収会社(サービサー)一覧