35年で定年後75歳まで住宅ローン

任意売却の無料相談・任意売却後のサポート~新居探し/転職活動/心のケア~ 任意売却相談の全任協ブログ

35年で定年後75歳まで住宅ローン

2014年01月26日 公開

越谷市役所内のパンフレットをご覧頂いた相談者様のお話です。 当協会にお問い合わせいただき、メールで数回やり取りさせて頂いた後、 先日、埼玉本部にご相談に見えました。

 

ご本人64歳で24年前の40歳の時に建売住宅を購入。 当時は某百貨店の管理職で年収1000万円以上。奥様59歳、美容師で当時年収700万円。 二人あわせて1700万円の収入があり余裕で返済出来ると思っていたとの事でした。

 

ところが、ご主人が40歳の時に住宅ローンを35年で組んでしまったため、 完済時は75歳になってしまい、定年後の支払い、資金計画に無理が生じていました。

 

ご本人は60歳で定年になり収入が激減。アルバイトの収入11万円と年金14万円。 頼りは奥様でしたが、2年前に大病をし退職せざるを得なくなってしまいました。 奥様も病気は治ったもののパート収入で10万円。

 

それまで蓄えた貯金で住宅ローンを支払っていましたが、底をついてしまいました。 カードローンの高金利で新たにお金を借り、そのお金でカードローンよりはるかに金利の安い 住宅ローンを支払うという状況に陥ってしまいました。 そんな状況が4年間も続きました。しかし、このまま返済を続けるのが無理なこと、 そして一人娘が今春大学卒業が決定したこともあり、ご自宅の売却を決意されました。

 

購入する時の状況だけでなく、将来的な収入の減少や支出の増加も加味して、 無理のない支払計画をたててから住宅ローンを組むことが大切です。 また、提案する側である不動産会社、融資を実行する金融機関も、 老後の資金計画まで考えて提案して頂きたいと切に願います。 定年後の住宅ローンでお困りの場合ご相談下さい。 9:00~20:00であれば、フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡ください。一部ご相談が難しい地域もありますが、全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。 メールによるご相談は24時間受け付けています。お電話が難しい場合は無料相談フォームにてお気軽にご相談下さい。内容に関しては秘密厳守いたします。  

 

定年後の住宅ローン問題の解決事例

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 資料請求

全任協の3つの強み

関連記事