住宅ローンの返済は95歳まで?!

任意売却の無料相談・任意売却後のサポート~新居探し/転職活動/心のケア~ 任意売却相談の全任協ブログ

住宅ローンの返済は95歳まで?!

2014年05月11日 公開

老人全ての住宅ローンでは、債務者(お金を借りる人)の申込時と完済時の年齢制限があります。 住宅金融支援機構が提供するフラット35では、申込時は70歳未満、 返済は最高80歳まで続けるよう設定することができます。 65歳を超える年齢まで住宅ローンを組む方のほとんどは退職金での完済を予定しています。 定年退職後は年金暮らしとなるため、住宅ローンを払えないためです。

 

しかし、在職中の減給やボーナス減、退職金が想定より少なくなるなどが原因で、 定年後も住宅ローンの支払いを余儀なくされるケースが多くなっています。 お金を借りている銀行がリスケジュール(月々の支払額などを変更してもらうこと)に 応じてくれることもありますが、リスケジュールした場合、完済までの期間は長くなります。

 

先日、同様のケースでのご相談がありました。 その方の完済年齢はなんと95歳。残りの人生のほとんど(もしかすると全て)で 借金の返済を続けなければならない計算になります。 当協会では、任意売却後に自己破産されることをご提案しました。 住宅ローンさえ無ければ年金で十分に生活を送れるためです。

年金を受給する権利は自己破産後も無くなることはありません。 借金の担保にすることもできず差押えることもできないため、安定した生活が送れる見込みです。

定年後も住宅ローンの返済で苦しんでいるという方はまずご相談ください。 ※ 当協会の相談サービスは無料で何度でも受けることができます。

  

定年後の住宅ローン問題の関連記事

定年後の住宅ローン問題の解決事例

その他の解決事例一覧

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 資料請求

全任協の3つの強み

関連記事