持ち家から引っ越して賃貸へ

任意売却の無料相談・任意売却後のサポート~新居探し/転職活動/心のケア~ 任意売却相談の全任協ブログ

持ち家から引っ越して賃貸へ

2017年05月23日 公開

持ち家が得?賃貸が良いか?持ち家と賃貸のメリットデメリットなどの特集が住宅関連雑誌でも良く組まれています。持ち家を購入した後に、賃貸へ引っ越したいと思うのは珍しいのでしょうか。わざわざ、持ち家を購入後に、賃貸へ引っ越したいなんて理由が分からないと思う方は、今幸せに暮しているのだと思います。私は持ち家購入後に、引っ越したいと思うことは珍しいことではないと感じます。

ご近所トラブル、子供のいじめ、生活環境の悪化、、、購入後に初めて気付くマイナス面は、少し我慢すれば耐えられるものと、どうしても耐えられないものがあります。どうしても耐えられない問題に直面したとき、賃貸ならば比較的気軽に引越しも可能です。持ち家からの引越しの場合、大きな問題となるのが住宅ローンです。

多くの方が住宅ローンを組んで、家を購入します。そして、家を売りたい際には、残ったローン全額を返さないと家を売れないということは聞いたことはありますでしょうか。では、住宅ローンが残ってしまう場合は我慢して住み続けないといけないのでしょうか。

ローンが残っている持ち家を売却して引っ越したい場合

まずは、住宅ローンがあといくら残っているのか、そして、あと何年で支払う必要があるのかなど、ローンの状況を把握します。

ローン途中の不動産を売却する場合

アンダーローン、オーバーローン、預貯金や親に援助してもらうなど、引越しを機に家を売却し、住宅ローン問題を解決する方法を説明します。

自宅売却で一括返済ができる場合(アンダーローン)

一括返済が可能な場合は、不動産を売却する際に、残りの住宅ローンを一括で返済します。この場合は、持ち家から賃貸への引越しもスムーズに可能です。このように自宅を売却しても残債が残らないことを一般的に「アンダーローン」といいます。

自宅売却+預貯金で一括返済ができる場合

仮に自宅の売却だけでは住宅ローンが完済できない「オーバーローン」の場合でも、預貯金で残債務が返済できるのであれば、売却は可能です。また、自分の親から援助を受けて住宅ローンを完済できるケースもあります。預貯金が足りない場合でも、ご両親に援助の相談する、無担保ローンを活用して残債務を返済するなどできれば、売却して引越しが可能になります。

自宅売却をしても一括返済ができない場合(オーバーローン)

自宅を売却しても住宅ローンの一括返済ができない場合、債権者(お金を貸した金融機関)の承諾なしには不動産を売却することは出来ません。住宅ローンを借りる際に、金融機関は「抵当権」という権利をあなたの自宅に設定しており、この「抵当権」を無くすことができないと、不動産売買が実質できないためです。

そこで、協会ではオーバーローンの住宅ローンを抱えている方に向けて、債権者の許可を得て自宅を売却する「任意売却」という方法をご提案しています。

任意売却のデメリット

任意売却はローンが残っている家を売る事が出来る制度です。ただし、任意売却にもデメリットがあります。

任意売却のデメリット1 住宅ローン滞納3ヶ月以上で信用情報機関に掲載される可能性がある。

任意売却に限ったデメリットではありませんが、住宅ローンを3ヵ月以上滞納した場合は信用情報機関に登録される可能性があります。信用情報機関へは他の借入(カードローンや消費者金融など)を滞納しても登録されてしまいます。以前は多かった0円携帯のように分割で支払っていくようなリース商品も、支払いが滞ってしまうと信用情報機関に登録されます。この信用情報機関に登録されてしまうと、7年間程度は金融機関からの借入等が出来なくなる等の影響があります。

任意売却のデメリット2 連帯保証人などの同意が必要

住宅ローンを借りる際、連帯保証人などの債務を連帯して負っている人がいる場合は、連帯保証人から任意売却に対する同意が必要となります。連帯保証人はご夫婦が共同でご自宅を所有している場合に多く見られます。任意売却がしたくても連帯保証人に連絡が取れない、同意が得られない、といった場合は任意売却はすることができません。

任意売却のデメリット3 売買価格と債権者の求める金額の差が大きいと折り合いがつかないことも…

任意売却は市場価格に近い金額で販売を行います。しかし、残債と市場価格に開きが大きい場合、金融機関から任意売却への同意が得られないこともあります。債権者にとっても任意売却は競売に比べてメリットが大きいため、当協会では一度断られても引き続き、任意売却をしてもらえるよう、ギリギリまで債権者との交渉を続けます。ご相談いただくのが滞納前など早い段階であると、任意売却の交渉も時間をかけて行えるため、任意売却のご相談は早めにしていただくのがポイントです。

任意売却のデメリット4 任意売却をどこに依頼すれば良いか分かりにくい

任意売却は通常の不動産取引と違い、法律の知識や経験が必要となります。しかし、任意売却に関するガイドライン等は無く、誰でも「任意売却専門」「任意売却の経験豊富」などと書くことができます。そのため、任意売却を行っている会社の中にはモラルの低い、悪徳業者も多いのが現状です。

任意売却のデメリット

それでも、持ち家から引っ越して賃貸へ

任意売却のデメリットを知ってもなお、ローンの残った持ち家を売却したいご希望がある場合はお問い合わせ下さい。家を買った後の後悔、それがどうしようもない後悔であるときは、ノイローゼになったり、精神的に追い詰められていく場合も考えられます。そこまでして住み続けるものなのか、家は、あくまで住む場所です。「持ち家」「賃貸」そんな表面的な損得の分け方より、ご自身や、ご家族が健康で幸せであることが何より大事だと感じます。

任意売却については、協会はプロフェッショナルです。これまで多くのご相談をいただき解決の協力をさせていただきました。住宅ローンが残っている家を売りたいと思った際、お力になれると思いますので、フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡ください。一部ご相談が難しい地域もありますが、全国に相談センターがあり、相談を受け付けています。メールによるご相談は24時間受け付けています。お電話が難しい場合は無料相談フォームにてお気軽にご相談下さい。内容に関しては秘密厳守いたします。

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 資料請求

全任協の3つの強み

関連記事