住宅ローンの支払いがきつい

任意売却の無料相談・任意売却後のサポート~新居探し/転職活動/心のケア~ 任意売却相談の全任協ブログ

住宅ローンの支払いがきつい

2017年05月09日 公開

持ち家派に聞いた賃貸でもよかったと後悔した瞬間ランキング

先日、持ち家派に聞いた「賃貸でもよかったと後悔した瞬間」ランキングと言う記事を読みました。

アンケートの対象は一戸建てやマンションを所有し、所有期間が20年以上経過している男女125人だそうです。そして、62人と全体の49.6%が「賃貸でも良かった……」と思う瞬間があったと回答したそうです。ランキングには、近隣との関係が悪化しても引っ越せない、間取りを変えたくても引っ越せないなど「引っ越せない」という後悔がありました。容易に引越しが可能な賃貸と比べると持ち家のデメリットに良く上げられる点ですね。

住宅ローンの支払いがきつい

そして、持ち家の後悔第1位が住宅ローンがきつい(きつかった)という回答だったと書かれていました。得票は10票だったので12人に1人が住宅ローンがきつい(きつかった)と答えたということになります。なかなか周りの人や友人と「住宅ローン」がきついんだという会話は出来ませんが、心の中ではきついと思っている人も多いのでは、と思ってしまうアンケート結果です。

住宅ローンを組むときは、多くの金融機関で最長35年が可能です。そのため長い人生の中で起きる色々な変化、転職、リストラ、病気、交通事故、ボーナスが減るなどで状況が変わってしまうことも多く、ローンの支払いがつらくなる要因となります。また、状況が変わらずとも、生活の変化により教育費が増える、食費が増える、家のリフォーム代も必要になるなどもローンがつらくなる要因となります。

やりくりすればローンを払える?

ローンを払えないという相談に対して「こういう節約はどうか」「こんな副業がある」「やりくりで何とかなるのでは」というアドバイスを見かけると、そんなに状況が苦しくない人向けの回答だなと感じます。病気で払えない、不況で給料が減り払えない、仕事がなく払えない、、、副業や節約ではどうにもならない状況も多くあります。そんな深刻な状況をなんとか頑張って乗り越えようと、真面目な人ほど頑張ってしまいどんどん辛くなっているのではないかと感じます。協会のホームページには住宅ローン支払いが苦しくなったらというページもありますので、ご参考下さい。

ローンが原因での離婚

以前の相談で、もう少し早く相談頂ければと思ったことがあります。それは、ローンが原因で離婚してしまったというご相談を受けた際です。

不幸になろうと思って家を買う人は居ません。それでも、ローンの支払いがきつくなったことで、夫婦での口論が絶えなくなります。例えば奥様が家計を管理していれば節約が旨く出来ていないせいだなどと責め立てる、旦那様に稼ぎが悪いなどと文句を言う、これでは夫婦はうまくいくわけがありません。ローンを払えなくなるより最悪なのは、ローンを払えなくなり事により家族の絆がバラバラになることだと感じます。

家を手放すという選択肢

住宅ローンがきつい時、家を手放すという選択肢もあることを知って下さい。家を売る=ローン完済は絶対条件ではありません。ローンを組んでから間もない場合などは特に、住宅ローンの残額が多いと売っても完済できない(全額返済出来ない)と言う場合もあります。そんな場合でも任意売却という方法があることを知っておいて下さい。協会は任意売却の専門機関です。相談経験も豊富ですので、安心してお問い合わせ下さい。資料請求もありますのでご請求下さい。

家は住むものです。あくまで住む場所です。住宅ローンが払えない状況は好ましい状況ではありませんが、それより最悪なのはローンが払えない事が原因となった家族の別離、離婚ではないでしょうか。何とかしようと頑張り続けることも大事ですが、新しい生活に目を向けることも大事なこととなります。

フリーダイヤル0120-963-281(クロウサルニンバイ)へご連絡ください。メールによるご相談は24時間受け付けています。お電話が難しい場合は無料相談フォームにてお気軽にご相談下さい。内容は秘密厳守いたします。

今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

  • 0120-963-281
  • メール相談 24時間受付中
  • 面談相談 全国対応
  • 資料請求

全任協の3つの強み

関連記事