離婚後、母子家庭となり住宅ローンが払えない

任意売却の無料相談・任意売却後のサポート~新居探し/転職活動/心のケア~ 任意売却相談の全任協ブログ

離婚後、母子家庭となり住宅ローンが払えない

2015年11月13日 公開

結婚率が減ってきている中、離婚率は年々増加し、
なんと3組に1組が離婚しているという統計がでています。
離婚数の増加に伴い、離婚に関しての当協会へのご相談件数も、年々増えてきています。

日本でも、女性の社会進出が活発になってい来ていますが、
小さな子供が居ながら、パートではなく正社員として共働きしている家庭の数はまだまだ少なく、
そのため、離婚後、母子家庭となったからといって正社員としてフルタイムで社会復帰することは厳しく、
パートや助成金をもらって生活している方が多いのが現実です。

a0001_006361
※写真はイメージ画像です。

そんな中、離婚後も家に住み続けるために
住宅ローンを養育費代わりに払ってもらう、という場合があります。
以前、任意売却するなら離婚前!離婚後の住宅ローンリスクが大きくなるワケ
というコラムも書きましたが、離婚前に色々2人で決めても離婚後に住宅ローン問題に巻き込まれてしまう方が後を絶ちません。

当協会に、シングルマザーでお子様をお子様を育てながら、
住宅ローン問題のご相談に来られた事例をご紹介します。

養育費代わりに住宅ローンを支払い続けてくれるはずだったが・・・

東京都武蔵野市吉祥寺にお住まいのSさま(38歳)。Sさんが32歳の時に性格の不一致から離婚。
マンションにはそのままSさんとお子様2名が住み続け、元夫が養育費替わりに住宅ローンを支払う約束をしました。その後、5年ほどは住宅ローンの支払いは問題なく行われていましたが、Sさんが38歳の時に元夫がリストラで収入が激減し、養育費代わりに払うと約束していた住宅ローンの滞納が始まりました。その後、Sさんは元夫にローンの返済を迫りましたが滞納は続き、約半年で「期限の利益喪失予告書」が届きました。

相談者さまも、シングルマザーとして仕事と育児に追われる毎日。
気が付いたら「期限の利益喪失予告書」が届いたがどうしたら良いかと、
当協会にお問合せいただきました。元夫とは話し合いにならない、との事でしたので、
当協会がSさんと元夫の間に入り、状況把握をすることになりました。

その結果、元夫は失業しており住宅ローンが返済できる状況ではありませんでした。
期限の利益を喪失していたため、競売を回避するにはマンションを任意売却をする必要がある旨をご説明。
途方にくれていた時に、ホームページで検索し、当協会にご相談をいただきました。

離婚/連帯保証人に関する全任協の解決事例一覧

養育費と住宅ローンの支払いと家賃

Sさまのように、離婚する際は「毎月住宅ローンを支払う」という約束で離婚する場合もありますが
その時は、二重の家賃のようになってしまい、支払いが苦しくなる状況が描けないことも多くあります。
こちらは、夫側から苦しくて支払えないとご相談頂いた事例です。

離婚/連帯保証人に関する全任協の解決事例一覧

母子家庭となり住宅ローンが払えない時は

母子家庭には母子手当などの支援や補助などもあります。
ですが「住宅ローン」は離婚したからと言って負担が軽減されることはありません。

「住宅ローンが払えない」となった場合の一つの選択肢が任意売却です。
任意売却は不動産を売却しても、残債が残ってしまう場合でも家を売却することができ
残債を現在の収入に見合った金額(5,000円から20,000円程度)を毎月返済していく負担の少ないものです。

任意売却は銀行などの金融のプロとの交渉が必要となります。ご相談者様本人でも任意売却の交渉をしてみること自体はできますが、当協会が間に入ることで、より有利な条件でも任意売却が可能となります。住宅ローンが払えないとなったまま、通知が来ても対応をしないでいると「競売」にかけられ
強制的に立ち退かないといけない日が来てしまいます。

起こってしまった問題は仕方ないので、まずは当協会まで状況をご連絡ください。
無料電話相談(0120-963-281)ですと、素早く具体的な相談が可能です。
具体的な情報(物件所在地や残りのローンはいくらかなど)を教えて頂きますと、より具体的な相談が可能です。
抵抗がある場合は、まずはお電話でお話しして、その後のご提示でも構いません。
母子家庭で、静かに電話なんてできないよという場合は、周りがざわざわしている所からのお電話でももちろん大丈夫ですし、当協会にはメール相談もありますので、メールでのご連絡をお待ちしています。

メール相談は、電話相談の受付時間以外や、メールでのやり取りの方がスムーズな方にお勧めします。
すぐにでもあって相談したいという場合は面談予約をしてください。

当協会は弁護士が主体となり、税理士、司法書士、不動産鑑定士、宅地建物取引士等が集まった任意売却の専門家集団です。設立以来、任意売却による債務問題の解決に特化しており、離婚に関連する債務問題に対して豊富な経験とノウハウを持ったスタッフがご相談者さまの住宅ローン問題に対して、最適な解決方法を無料でご提案させていただきます。

関連コンテンツ

  • 離婚で住宅ローンはどうなる?
  • 離婚で自宅売却後の残債問題、連帯保証人になっている
  • 離婚が原因の任意売却解決事例一覧
  • 全任協の離婚法務サポート
  • 今すぐ相談可能。お気軽にお電話下さい。

    • 0120-963-281
    • メール相談 24時間受付中
    • 面談相談 全国対応
    • 資料請求

    全任協の3つの強み

    関連記事